チャリティで購入したマラウイコーヒーが届いた【WARM HEARTS】

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

先日「購入金額の全額をチャリティ資金として寄付ができる」WARM HEARTSさんのコーヒーを購入しました(コーヒーを飲んで寄付をしよう|ウォームハーツコーヒーを利用してみました)。

お得な定期便もあるようですが、初めてということで今回は1品購入です。

選んだのは「アフリカン・スノーコーヒー」200g。購入前にサイト上で焙煎日を確認できるので、いつでも新鮮なコーヒーを購入できます。豆は鮮度が命ですからね。

注文の数日後、仕事から帰ってきて郵便受けを覗くと、何やら小さな箱が。

「なんだろう?」

と思って取り出してみると、WARM HEARTSさんのコーヒーではありませんか。サイがプリントアウトされたオシャレな梱包は、プレゼントにもいいですね。

https://warmheartscoffeeclub.com/

スポンサーリンク

マラウイ産コーヒーの特徴


マラウイはアフリカの東側に位置する国。北部はタンザニアと隣接しており、その北にはルワンダ、ケニアなどのコーヒーの有名生産地が並んでいます。

WARM HEARTSさんのコーヒーもマラウイ北部、タンザニア近傍で生産されています。

ただ、世界自然遺産にもなっている巨大なマラウイ湖が国土の20%を占めていることもあり、平地の広さはタンザニアの約10分の1。そのためか日本への輸出量も相対的に少なく、コーヒー生産国というイメージはあまり強くないのかもしれません。


<写真はマラウイの自然風景>

いや〜、いい大自然ですね。

私もタンザニアやケニアのコーヒー豆はよく見かけるものの、マラウイコーヒーは何度かしか見たことがありませんでした。

他のアフリカコーヒーと同様、マラウイ産のコーヒーの特徴はその酸味です。ケニアに比べるとベリー系の風味は柔らかく、アフリカのコーヒーが苦手な人でも飲みやすいと思います。

コーヒーの開封

中を見てみると、200gのコーヒーが入った紙袋と何冊かのパンフレットが同封されています。

その土地の特徴や栽培方法を知っていると、同じコーヒーでも飲む時の気持ちや味わい方が変わってきますよね。

 

マラウイ国の紹介やWARM HEARTSさんが販売しているコーヒーの紹介などが掲載されています。

 

早速届いたばかりのコーヒーを淹れてみました。

道具はKalitaのドリップポットとコーノ式円錐ドリッパー。

 

漆黒のコーヒー色の中に、少しだけ赤みがかった奥深さがあるような。無いような。

味は想像していたよりもマイルドで、酸味も弱め。ただし、コロンビアやブラジルのような飲みやすいコーヒーに比べると、アフリカ独特の良い苦味が感じられます。

 

ちなみに、今回購入した「アフリカン・スノーコーヒー」は、冬の間に山形県で降り積もった雪を使って一定期間貯蔵したコーヒーのようです。

日本でも雪国などで雪室コーヒーというものがありますが、その一種でしょうか。

コーヒーが無くなったら、また頼んでみようと思います。

https://warmheartscoffeeclub.com/

スポンサーリンク

▼関連トピック



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

脇汗対策|Amazonでも楽天でも購入できないデトランスαって何もの?

【ランチ25選】日本橋室町で8年働いている私が、オススメのお店を紹介!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった

コメントを残す