歯列矯正(裏側)を始めて3ヶ月が経過|食べられる食材とNG食材など




こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

歯列矯正を始めて、早くも3ヶ月が経ちました。私は3月にまず上歯の裏側に矯正器具を装着し、下の歯には4月中旬に装着しました。ですので、正確には上歯は3ヶ月、下歯は1.5ヶ月ですね。

関連記事:グルテンフリーと歯科矯正に挟まれる日々の中で

矯正を始めた当初はレトルトのおかゆを買い込んだり、カレーやハヤシライスみたいなそれほど具材の多くない料理を中心に食べてきました。今になって思うと、結構食べるメニューが偏って大変ですよね。

それでも不思議なもので、3ヶ月も経つと食べられる料理が少しずつ増えてきました。理由は噛むコツと慣れです。

今回は、この3ヶ月で食べられるようになったものや、食べられるけれども以前より美味しく感じられないものなど、私が感じたことをご紹介します。

食べられる料理と食材

  • 魚料理全般(煮魚、刺身、寿司、焼き魚)
  • 揚げ物(唐揚げ、トンカツ)
  • 肉料理全般(ステーキ、牛丼、炒め物)
  • 肉じゃが、煮物
  • カレー、ハヤシライス、シチュー、麻婆豆腐
  • フルーツ
  • キャラメルコーン、プリン、アイス

 

歯列矯正を始めてからの2週間は、噛むのも痛いし器具が取れる不安もあったので、揚げ物や肉料理はできるだけ避けていました。でも実際に食べてみると、一口の大きささえ考えれば今まで通り食べられるようになるんですよね。

ただ、ステーキやトンカツを口いっぱいに頬張るということはできないため、多少物足りなさは残ります。それに、ちょっと筋っぽいステーキは食べるのにめちゃくちゃ時間がかかります。噛む力が弱くなっているので、噛みきれないんですよね。

先日会社の上司と接待でレストランに行った時などは、とにかくステーキを噛み切ることに精一杯で、会話どころではありませんでした。

普通の一口をさらに3等分くらいに切り分けて食べていたので、一緒にいた人たちにどう映っていたのだか。

食べられるけれども美味しさが半減した料理と食材

  • 麺類(ラーメン、うどん、そば)
  • ピザ、ハンバーガー、ハード系パン
  • 貝類、イカ、たこ、漬物

 

これが今一番の悩みです。もともとグルテンフリー生活を続けているので、普段それほどラーメンやハンバーガーは食べないのですけれども、やっぱり月に1度くらいは食べたくなります。

でも、しっかり噛むことができないため、小麦の味というか、風味というか、なんだか物足りないんですよね。特に少しずつ食べるハンバーガーは、もうハンバーガーとは言えないくらい別物なんです。

レタスもすぐ挟まるので、難易度高です。

食べられない・食べたくない料理と食材

  • ごぼう、たけのこ
  • せんべい、クッキー、ポテトチップス、スナック系全般
  • 焼き肉

 

これは当分お預けかな。焼き肉はともかく、他の食べ物は矯正器具が壊れるリスクがとても高いです。そこまでリスクを冒して食べたいわけでもないので、避けるようにしています。

基本的に間食する習慣が無くなったので、2Kgほど痩せました。間食といえば、たまに飴を舐めながら、無意識のうちに噛んでしまって冷や汗をかくくらいです。

 

焼き肉

もう3ヶ月も食べていません。きっと食べることはできるのでしょうが、ステーキやハンバーガーで感じた物足りなさを感じるのが怖い。次のメンテナンスの直前にでも食べてみようかな。

最近、ランチもめっきり行かなくなりました。食べられないメニューが並んでるのをみるのが悲しいんですよね。

【ランチ25選】日本橋室町歴9年の筆者が紹介|おしゃれで安いおすすめ店たち!



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

「カスタマーファーストってなんだろう」と考える人に知っておいてほしいこと

【ランチ25選】日本橋室町歴9年の筆者が紹介|おしゃれで安いおすすめ店たち!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった

コメントを残す