【今買いたい一品!】栗原はるみさんのIH対応型浅型フライパンの凄さとは

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

新生活の季節。これから料理を始めてみたいという方や、最近家にいることが多くなって自炊をしようとしている方にとって、一番大切なのはフライパン

 

使いやすくて品質のいい、そしてもちろんデザインのいいフライパンが1つあるだけで、料理が楽しくなることは間違いなしです。

 

今回は、栗原はるみさんのオンラインショップ「ゆとりのキッチン」からついに販売されたIH対応浅型フライパンをご紹介します。

 

写真はこちらです。


引用サイト:ゆとりのキッチンHP

私が5年前に「ゆとりのキッチン」で購入したシルバーのフライパンが下のもの。持ち手もシンプルで使いやすくて、販売が終了してしまった時はとても残念でした。

栗原はるみさんのフライパンを購入!男子ごはんで一目惚れ!

 

それがなんと、2020年4月にリニューアルされて復活(?)したんです。

 

MEMO
一言コメント
公式サイトでは再販や復活といった記載はありませんが、雰囲気が似ているので復活といってもいいんじゃないでしょうか。性能はもちろんパワーアップしているはず!

 

サイズは28cmと24cmの2種類

一人暮らしでこれから料理を始めるという人であれば、まずは24cmのフライパンが1つあれば大抵の料理はカバーできるでしょう。


引用サイト:ゆとりのキッチンHP

[voice icon=”https://mongome-kitchen.tokyo/wp-content/uploads/2020/04/szkyurio.png” type=”l icon_black/icon_blue/icon_yellow/icon_red”]細かいけれども、少しだけカーブした取っ手がとても持ちやすいんです[/voice]

 

ゆとりのキッチン」のオンラインショップ上にある説明欄を読んでみると、やっぱり浅型フライパンが人気だったことがわかります。

ご要望の声が多かった、IH対応の浅型のフライパンがついに登場!(2020年4月)

色はステンレスハンドルと相性の良いグレーカラーです。
飽きのこないスタイリッシュな印象に仕上げました。
底面が広い浅型タイプは、餃子やハンバーグなどの調理や炒めものなどに便利。
少し深さがあるので、麻婆豆腐などの汁気のある料理にも◎
一度にたくさんの調理ができる28cmサイズは、ご家族の多いご家庭の方などにおすすめです。

ゆとりのキッチン

 

今販売中のネイビーの深型フライパンも非常に使いやすいです(下写真の右側、汚くてごめんなさい)。

ほとんど毎日使っているので、結構傷が目立つ。

 

栗原はるみさんのフライパンは、どのシリーズも本当に素晴らしい。使い勝手やサイズ感だけではなく、デザインもシンプルでおしゃれなところがいいですよね。そのうち、きっと男子ごはんにも登場するはず。

 

そろそろフライパンを買い替えようと思っていた人は、ぜひ栗原はるみさんのフライパンを試してみてくださいね。

その他のおすすめ調理器具はこちらから

定番の丸型まな板から先ほどご紹介した深型フライパンまで。「ゆとりのキッチン」で販売されている数ある調理器具の中から、私がおすすめしたい商品を集めてみました。

レシピだけじゃない!男子ごはんに登場する魅力的な調理器具たち