高級豆?ハワイ島のコナコーヒー|エクストラファンシー




こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

会社の同僚が、新婚旅行で近々ハワイに行くそうです。

ハワイと言えばコナコーヒーが有名ですよね。

コナというのはハワイ島西岸のコナコースト地域で栽培されている珈琲の種類です。

我々が普段イメージするハワイはオワフ島にあるホノルルであることが多いです。ハワイ島というのは、そのオワフ島よりも南に位置する火山で囲まれた島。

コナでは観光客用の珈琲農園が沢山あり、UCCやドトールコーヒーなども観光農園を持っています。

私の同僚のように、新婚旅行で珈琲農園を訪れ、収穫や焙煎を体験する人も多いそうです。

コーヒー好きとしてはとても羨ましいです。日本では珈琲の木や実を直接見るなんてほとんどできないですからね。

コナコーヒーのグレード


コナコーヒーはいくつかのグレードに分かれています。日本ではエクストラファンシーやファンシーは見かけますが、他のグレードはあまり見る事はありません。

エクストラファンシー

コナコーヒーの中で最上級のグレードです。豆が大きく、味がハッキリとしています。その分、お値段も高めです。

日本でよく見かけるコナコーヒーの多くは、このエクストラファンシーであることが多いそうです。

ファンシー

エクストラファンシーに次ぐ、セカンドグレードの豆です。これ以降は、No.1、セレクト、プライムと呼ばれていますが、日本ではあまり馴染みが無いかもしれません。

地元で飲まれることが多いのでしょうか。

ピーベリー

コナコーヒーには、グレードとは別にピーベリーという豆があります。

これは、コーヒーの実の中で2つの豆がくっついて丸くなっている豆のことです。見た目は普通の豆より小さく、味は濃厚といわれています。私も何度か飲んだことがあるのですが、値段は高めです。

まとめ

ハワイに行くと、スターバックスなどのカフェやレストランでもコナコーヒーを飲める場所がたくさんあります。それだけ、ハワイの人々にとってコナコーヒーというのは身近なものなのでしょう。

新婚旅行のお土産として、コナコーヒーを買ってきてもらえるようなので、今から楽しみです。

関連記事:【ホノルル】アメリカで話題のコールドブリューをスターバックスで飲む



〓初めての方に読んでほしい記事5選

日本橋ランチ25選|日本橋室町を10年食べ歩いて厳選した絶品ランチグルメ!

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中

「カスタマーファーストってなんだろう」と考える人に知っておいてほしいこと

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い