毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|晩酌をやめる方法を伝授!




こんにちは、アラサーサラリーマンのmongomeです。

皆さんは仕事終りの一杯、楽しんでいますか?

 

夜遅くまで仕事をした後は、帰りに缶ビールとおつまみを買って、家で飲む一杯が至福の時なんだよなぁ

 

以前まで私の毎日はこんな感じでした。

mongomeの毎日

  • 週に1~2度は同僚と仕事帰りに居酒屋へ
  • 残りの5日は家でビールとおつまみで晩酌
  • 時には飲み会後にも家で晩酌

一度は禁酒に成功しましたが、気が付くとまた飲んでる。。禁酒に挑戦するたびに、続けることの難しさを実感します。

今回は、そんな私でも達成した、晩酌をやめる方法をご紹介します。

晩酌を断つメリット

私の経験から、毎日の晩酌を止めると4つの大きなメリットがありました。

ストレス発散のイベントは無くなりますが、どれもそれ以上にやってよかったと思えることです。

 

  • 自由時間が増える
  • 睡眠の質が上がる
  • 健康的になる
  • 節約

 

そんなこと、言われなくてもわかってるよ。

 

でも、習慣になっていると意外に気づかないものです。

特に自由時間が増えたのと、健康になったことは非常に大きかったです。

毎日何をしようかと考えるようになりましたし、自分の身体をケアする習慣も自然に身に付きました。

晩酌で一日が終わってしまう

サラリーマンあるあるですね。

 

あるあるなのに、当時は気づきませんでした。缶ビールを開けると、その後に生産的な活動をすることは不可能。

もちろん19時や20時ならまだ大丈夫かもしれませんが、晩酌をするのは大体は22時過ぎ。

 

こうなると、その日はもうビールを飲んで寝るだけです。

 

なんだろう、毎日同じようにビールを飲んで眠る生活。。

それに家で飲むビールはなぜだかアルコールが廻るのが早い。

 

疲れているから?

 

気が緩んでいるから?

 

よく分かりませんが、350mlを2本も飲めばもう十分です。

そんなこんなで気づけばまた金曜日の夜。

このままだと、気づいたら老後!!なんてことが現実となってしまうでしょう。

なぜ晩酌を止められないのか

holzfigur-980784_640 (1)
私は20代前半の頃は喫煙者でした。セブンスターというタールが14mgもある銘柄を毎日1箱分吸っていたんです。今振り返ると信じられませんね。

この時も何度も禁煙に失敗しました。それが、最後には呆気なく禁煙に成功できたんです。

 

その時に学んだ大切なポイントは3点。

  • アルコール依存症から抜け出す
  • 生活習慣を変える
  • 晩酌以外の予定を作る

 

この3つさえ押さえれば、禁煙や禁酒は意外と簡単に成功します。

関連記事:【検証】お酒の代わりに何を飲む?1番はあのノンアルコールビール

アルコール依存症から抜け出せない人

毎日晩酌をしていた人が急に禁酒をすると、ストレスが蓄積されます。ふとした気の緩みで一度飲んでしまったら、その反動で禁酒は失敗してしまいます。

皆さんもありませんか?こんな風に考えたこと。

 

「一度ルールを破ってしまったのだから、2回も3回も変わらないだろう」

「今月はこのくらいにして、また来月から始めよう」

 

依存症から抜け出す前にこうなってしまったら、また一から出直しです。

甘い言葉には要注意。

アルコール依存症から抜け出す

毎日晩酌をしていると、飲まないと物足りない気持ちになります。食品の中には依存症になりやすい食べ物がいくつかあり、アルコールもまたその一つです。

依存症になりやすいもの

  • アルコール
  • ニコチン
  • カフェイン
  • 糖分

これらを断つには、固い意志や継続的な努力ではなく、きちんとした計画が必要です。

 

アルコール摂取量を減らす

それはそうなんだけれども、具体的にはどうすれば良いの?

 

まずは、脳や身体にストレスなくアルコール摂取量を減らすのです。具体的には、

晩酌のビールをノンアルコールビールや低アルコール飲料に切り替え、少しずつアルコールの摂取量を減らしていきます。

私の場合、お酒の代わりにノンアルコールビール350mlを一ケース(24本)購入しました。

1週間目はビールと交互に、次の週はノンアルコールビールだけで生活を続けました。

これ、意外とストレスなく続けられるんです。

私が好きだったのは、

 

「一日の終わりに、〆になるスカッとするものを飲む」

 

行為自体でした。もちろん今でもお酒は大好きですが、晩酌という行為には必ずしもアルコールは必須ではないんだな、と。

飲酒の習慣から抜け出す

毎日晩酌をしていると、それほど飲みたくない日にもついつい飲んでしまいます。

急に習慣を変えようとしても、アルコールに依存している状態ではすぐに挫折してしまいます。

でも、ノンアルコールビールなどでアルコール依存から抜け出せたあなたは、意外と簡単に習慣を変えることが出来るはずです。

 

私はお酒を飲む代わりに、夜はノンアルコールのビールや梅酒を飲むようになりました。

最近のノンアルコール飲料はクオリティが高く、精神的にもお酒を飲んだ気分にさせてくれます。


ポイント:お酒の代わりにノンアルコール飲料を飲もう

おすすめのノンアルコール飲料をまとめていますので、こちらもどうぞ。

関連記事:【検証】お酒の代わりに何を飲む?1番はあのノンアルコールビール

アフターファイブの予定を作る

最近は空いた時間でジムかマッサージに通っています。健康維持という理由もありますが、一番は心身をリラックスさせるのが目的です。

マッサージはアロマオイルを使った全身コース。アロマのいい香りに包まれながらマッサージを受けていると、日々の疲れも癒されます。

実は、マッサージと禁酒はとても相性のいい組み合わせなんです。

というのも、

  1. マッサージにより身体のデトックス効果を得られる
  2. 身体の健康を維持したいという意識が生まれる
  3. 店員さんから禁酒の必要性を教えてもられる

 

など、徐々に意識の変化が生じます。

健康的な生活を送りたければ、健康的な人たちと交流することが一番なんです。

一回5,000~10,000円ほどかかりますが、これまでお酒に消えていたお金を自己投資に使っていると思えば、安いものですよね。

最近では男性専用のサロンもあります。

自宅での筋トレが一番??

最近になって一番しっくりときているのが、自宅での筋トレです。

体を鍛える事と禁酒はいい組み合わせだと思います。お酒を飲むと筋トレはできませんし、理想の肉体を想像すると、不思議と自然とお酒を飲みたいという衝動が和らいできます。

最近体がたるんできたと感じている人や、運動不足の人にはめちゃくちゃオススメです。

 

私は通販が好きで、筋トレグッズもいくつか持っていますが、何も持っていないなら腹筋ローラーを購入するのがおすすめです。そう、あの有名なやつです。

これさえあれば、当分は筋トレモードを続けられることでしょう。体が鍛えられてくると、体型維持のために自然とお酒から遠ざかるようになるから不思議なものです。

 

ダイエットのために有酸素運動をしたい方には、エアロバイクがおすすめ。

一般的に20Kg以下なら軽いと言われているエアロバイクの中で、ALINCOのクロスバイクは折りたたみ式で14Kg。これなら、使わない時でも場所を取りません。

ジムへ行くのが面倒な人でも、目の前にエアロバイクがあると続けられるものなんです。値段も安くてビックリです。一ヶ月も続ければ元は取れます。


ポイント:お酒の代わりに運動をしよう

それでもアルコールから抜け出せない人は?

今までアルコールから抜け出すための色々な方法を試したにも関わらず、

 

「やっぱり飲んでしまう」

「飲まないと死んでしまう」

 

という人は多いはず。というより、多くの人は自制による禁酒を続けられないかもしれません。

そんな人は、考え方を変えてみるのも一つの方法です。

つまり、

 

晩酌はやめずに今まで以上に健康を心がける

 

のです。

晩酌をやめたい理由をもう一度考えてみてください。

その理由が「痛風予備軍だから」「肥満気味だから」と言った健康上の理由であれば、晩酌を続けながらもその根本原因を解消すればいいのです。

例えば錠剤タイプのサプリを半年ほど飲み続けてみて、効果があればしめたものです。大好きな晩酌を続けながら、健康体を取り戻すことができますよ。

まとめ


禁酒に成功できた時の自分の生活や身体を想像してみてください。

時間に余裕もでき、体調も万全、スタイルも良くなります。ついでにお金も貯まるでしょう。

考えるだけでワクワクしてきませんか?

皆さんも毎日の晩酌をやめて、有意義な日々を過ごしましょう。

追伸:今では程よい距離感でアルコールと付き合えるようになりました。



〓初めての方に読んでほしい記事5選

日本橋ランチ25選|日本橋室町を10年食べ歩いて厳選した絶品ランチグルメ!

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中

「カスタマーファーストってなんだろう」と考える人に知っておいてほしいこと

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い