グルテンフリーと歯科矯正に挟まれる日々の中で




こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

久々のブログです。そして少しだけ痩せました。理由はまた後で。

 

私は2017年の頭からグルテンフリー生活を開始したわけですけれども、早いもので2年が経ちました。

グルテンフリー生活といっても、月に何度かは麺類も食べますし、時にはイタリアンやパン屋にも行きます。

あくまで、「基本的には小麦粉を使った料理は食べない」だけであって、そこまで厳格に守っているわけではありません。

そのせいなのかただの中年太りなのかは分かりませんけれども、体重も少しずつ増えていきました。この2年で4キロほど。

 

周りからは、「グルテンフリー生活してるのに太るなんて矛盾してるよねー」だとか、「せっかくパン屋や麺類を我慢してるのに太るなんて、やる必要ないんじゃない?」

なんて心無い声や心の声が聞こえてきたら来なかったりしています。

ただ、グルテンフリー生活はダイエットのために始めたわけではないので、その辺は全く気にしてません。いやでも、太ったこと自体は気にしていますが、それはグルテンフリーとは関係ないんです。きっと。

そんな食生活を制限された日々を2年ほど過ごしてきたわけですけれども、今年に入り歯科矯正を始めました。それも舌側矯正です。裏側矯正やリンガル矯正と呼んだりもします。

「それも」と付けたのは、この舌側矯正が食生活に大きな影響を与えているからです。

基本的には、

  • 噛めるのは奥歯だけ
  • それも、自分の歯ではなくレジンという土嚢のような人口物
  • 一口で食べられるのは大さじ1/2程度の量
  • 固いものはNG
  • 弾力のあるものもNG
  • 麺類は前歯を使うからNG

と、今すぐ思いつくだけでも制限だらけです。

食べづらくなることはわかってましたが、まさかここまでとは。

 

初めのうちはウィダーインゼリーみたいな噛まなくてもいい食事を取り入れてみたのですけれども、それだと満腹感が全く得られないのです。なのですぐに軌道修正。

最近では歯に優しいレシピを考えてばかりです。熱々のコーヒーも歯に染みて痛いので、すぐには口をつけません。

もういっそ、このブログも歯科矯正中のレシピ紹介ブログに変えようかなと思ってるくらい。

▼関連トピック



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

「カスタマーファーストってなんだろう」と考える人に知っておいてほしいこと

【ランチ25選】日本橋室町歴9年の筆者が紹介|おしゃれで安いおすすめ店たち!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった

コメントを残す