健康的に痩せるならコレ|毎日続けられる意外なダイエット朝食メニュー

ここ数年、試行錯誤し続けてきた朝食のメニューが、最近になってようやく落ち着いてきました。

納豆、めかぶ、キムチ、これだけ。

たまに前日の残り物とかゆで卵を食べたりもしますけれども、基本はこの三品。高タンパク低脂質なので、ダイエットにもぴったりです。

全部混ぜる時もあれば、一つ一つ分けて食べる時もあります。もちろん付属のタレは使いません。

めかぶは味付けとタレが別になっているタイプがあるので、できるだけ後者を買うようにしています。近くの西友には別だれタイプがないのが少し残念。

 

今思うと、2017年にはバターコーヒー生活を始めて、そこから朝フルーツにしたり食べるのをやめたりと、色々と試したものです。

普通にご飯と味噌汁とかトースト食べればいいじゃんとは何度も思いましたが、それだとカロリー過多になったり、そもそもグルテンフリーだったり。

太らず健康的で、かつ続けられる食生活って結構大変なんですよね。特に一人暮らしだと。

 

炭水化物が無いのに空腹は感じない

バターコーヒー生活の時に初めて体感したんですけど、人は米やパンを食べなくても生きていけるんです。数万年前までは、人類の主食は肉や魚でした。穀物を食べるようになったのは、農耕時代になった数千年前です。

過度な糖質制限は身体に悪いのは確かでしょう。それは知識不足の人が無理矢理炭水化物を抜いてしまうからです。

MCTオイルのような良質な脂と必要な栄養素さえ取れば人は生きていけます。いわゆるケトジェニックダイエットですね。

身体を絞らなければならないボディビルダーでもない限り、1食置き換えたり、2週間限定でやったりするだけでも十分に効果はあります。

でも、私がバターコーヒーをやめて今の食事に落ち着いたのは、効果よりも美味しいものを食べたいという気持ちの方が強かったからです。

それに、コーヒーはやっぱりブラックで飲むのが一番好きなんです。家でバターコーヒーを飲んで、職場でも朝のコーヒーを飲むと、もうお腹がタプタプなんですよね。

ただ、本気でダイエットしたい人にはMCTオイルを使ったバターコーヒーは最高です。一度やってみて、腹持ちの良さを体感するべきですね。

MCTオイルはスーパーでも売ってますが、私はお腹を壊してしまったのでこれを愛飲してました。というか、今も時々使ってます。

関連記事:グラスフェッドバターで美味しいモーニングバターコーヒーを飲もう

メニューの決め手は栄養素とネバネバ

納豆、めかぶ、キムチ。どれも抜群に栄養があります。しかも低糖質です。

納豆の大豆にはタンパク質もありますし、キムチは発酵食品です。それに、ネバネバした食材は健康にいいはず。

カロリーとしては200kもないのに腹持ちがいいのは、きっとこのネバネバが活躍しているのでしょう。

食品ごとの栄養素

最後に、この食材たちがどれだけ栄養豊富なのかをみてみます。ビタミン、ミネラル、カルシウム、タンパク質など、とにかく沢山入ってますね。

<納豆の栄養素>
タンパク質
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンE
カリウム
マグネシウム
カルシウム
鉄分
食物繊維

<めかぶの栄養素>
食物繊維
フコイダン
アルギン酸
ヨウ素
ビタミンK
カリウム
ナトリウム
マグネシウム
カルシウム

<キムチの栄養素>
ナトリウム
カリウム
カルシウム
乳酸菌
ビタミン類(A,C,B1,B2,B12,K)
カプサイシン

自分に合う朝ごはんを見つけるのは、意外と面白いですよ。



〓初めての方に読んでほしい記事5選

日本橋ランチ25選|日本橋室町を10年食べ歩いて厳選した絶品ランチグルメ!

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中

「カスタマーファーストってなんだろう」と考える人に知っておいてほしいこと

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い