【最高】タイマー機能付きコーヒーメーカーのクイジナートを購入したら

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

最近、コーヒーメーカーを購入しました。これです↓

 

クイジナートの全自動コーヒーメーカー。このコーヒーメーカーを購入してから、私の朝のひと時が劇的に変わりました。

使うたびに愛着が出てくるこのコーヒーメーカーについて、今回は私なりに良い点と悪い点をまとめてみようと思います。

 

ちなみに、日本製に拘りのある人は無印良品の「豆から挽けるコーヒーメーカー」一択ではないでしょうか。予約タイマー機能も付いているので、機能的には遜色ありません。

一時期は3ヶ月先まで予約が埋まってしまうほどの人気でしたよね。

さて、そろそろ本題に入りましょう。

クイジナートと言えばフードプロセッサー

皆さん、クイジナートという言葉は聞いたことはありますか?知っている方のほとんどはフードプロセッサーを思い浮かべることでしょう。

クイジナートとは「アメリカのコンエアー社が展開するブランド名」のことで、主な製品はフードプロセッサーやハンドミキサーです。

MEMO
昔はクイジナート社という会社名だったようですが、今は買収されブランド名として残っているのだそうです。

フードプロセッサーやハンドミキサーのキーとなるのがグラインド技術。これらの製品で培った技術を投入して作られたのが、今回購入した全自動のコーヒーメーカーなんです。

そのためか、クイジナートのブランドには、ジューサーやブレンダーなど、グラインド技術を使う製品が一通り揃っています。

私も学生時代にクイジナートのフードプロセッサーに憧れたんですが、値段の関係で断念した思い出があります。その時は結局、パナソニック社製のフードプロセッサーを購入しました。

 

購入の動機は朝一杯のコーヒー

breakfast-1398259_640
私は、これまで何台もコーヒーメーカーを買ってきました。それなのに今回敢えて購入した動機は、ずばり「予約タイマー付きドリップ機能に惹かれたから。

サラリーマンをしている都合上、朝の忙しい時にのんびりドリップコーヒーを淹れている時間はそうありません。

 

少しだけでもゆっくり朝の時間を楽しみたい

 

このコーヒーメーカーは私のこんな願いを叶えてくれるものでした。

前日の夜に水とコーヒー豆をセットしておくと、予約した時刻に豆のグラインドが始まります。寝室に置けば、目覚まし時計の代わりにもなりますね。

 

コーヒーの香りと共に目が覚めるのはコーヒー好きにとっては最高のシチュエーションですよね。

3つの目立った特徴

coffee-1209942_640-1
この全自動コーヒーメーカーには「タイマー付きドリップ機能」以外にも、いくつかの特徴があります。

ここでは、その内ほんの一部をご紹介します。

ゴールドフィルター搭載

日常的に使っていて結構便利なのが、このゴールドフィルター機能です。

これが内蔵されています↓↓

日本のコーヒーメーカーのほとんどはペーパーフィルタをセットするタイプですが、クイジナートの全自動コーヒーメーカーにはゴールドフィルターが搭載されています。

毎回フィルタをセットする必要がないため、手間が一つ省けます。洗う時も、フィルタ部分を取り外せるので、ペーパーフィルタータイプと労力の差はありません。

最大12杯まで淹れられる大容量魔法瓶

正直なところ、一人暮らしの身としては活躍の場がありません。家族が居る方や、部屋に人を招く方にとっては便利だと思います。

それに、ポットが魔法瓶なので冷めにくいところもポイントです。

225gまで保存できるコーヒー豆スペース

クイジナートのコーヒーメーカーには、コーヒーを貯蔵しておくタンクが搭載されています。最大225gまで入れられるので、毎日コーヒー豆を追加する必要もありません。

この辺りがアメリカらしさを感じます。業務用のコーヒーメーカーみたい。

購入してからわかったこと

タイマー機能が欲しくて購入したので、その他のことはあまり気にしてなかったのですけれども、使ってみて始めてわかったことがいくつかあったのでご紹介します。

使い方

日本製のコーヒーメーカーとほとんど同じように使えます。使い勝手もパナソニック社のNC-A56-Kと遜色ありません。これは結構嬉しいポイントでした。

 

メンテナンス

アメリカ製のためか、細かな点で日本製との違いを感じました。

まず、プラスチック製の部品にとげが残っている箇所をいくつか発見。。工場で大量生産された際に丸めなかったのでしょう。

コーヒー粉が溜まったフィルタを取り出す際にコーヒーがほんの少しだけこぼれます。ただ、数滴なのでティッシュで抑えて取れば問題はありません。

1杯分は抽出できない

買ってから知ったのが分量の話。1回で抽出できるのは2杯からです。1杯分を淹れることはできません。

大型のコーヒーメーカーなので、そもそも1杯だけ淹れる用途は想定していないんでしょう。

MEMO

ゴールドフィルターはコーヒーの微粉を通してしまうため、コーヒーの底に粉が残ります。1杯分だと、粉の割合が多くなってしまい、美味しく味わえないんです。

まとめ

img_0156

日本製のコーヒーメーカーに比べると、4ほど気になる点がありました。

注意点のまとめ
  • まれに「とげ」がある
  • フィルタからコーヒーが溢れる
  • 抽出は2杯から
  • コーヒーの底には粉が少しだけ残る

それでも、私は非常に満足しています。

それは何と言っても、コーヒーの香りで目覚める朝は格別だからです。

値段も約15,000円と、全自動コーヒーメーカーとしてはお手頃です。朝からコーヒーを準備するのが面倒という方にはオススメの製品ですよ。

 

Amazonのサイトには30件以上のレビューが書いてあるので、購入する前にじっくりと読んでみることをオススメします↓↓

 

関連記事:クイジナート(Cuisinart)のミル付きコーヒーメーカーでバターコーヒー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。