【雑記】カフェを図書館のように勉強の場として利用するのはおかしい?




こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

最近、スターバックスやドトールなどのコーヒーカフェへ行くと、多くの方がパソコンでの作業や勉強をしていますよね。

私がカフェを使い始めた10年ほど前に比べると、確実に一人当たりの滞在時間は伸びているような気がします。

そもそも、昔は内職や勉強は家や図書館でしていたものです。それが最近では「カフェは勉強するところ」というイメージが一般的になりました。

特に東京の中高生や大学生などは、

 

「カフェじゃないと勉強ができない」

 

なんて人もいるはずです。

最近は仕事が早く終わったサラリーマンも増え、席を取るのがさらに難しくなってきました。

 

なぜカフェで勉強する人が増えてのか?

それは家で勉強し辛くなってきたからだと私は思います。その元凶がスマホ、特にTwitterやinstagram、FacebookなどのSNSでしょう。

学生が家で勉強していても、友人はお構いなくメッセージを送ってきます。

電源を切ればいいのですが、学生のコミュニティに所属する以上、それは無理な話です。

それでもなんとか勉強したい彼らは、街へ出向きカフェで参考書やレポートを広げるのでしょう。

 

私がよく行くスターバックスでは、スマホとレポートをほとんど交互に取りかえる学生をたまにみます。

初めの30分はなんとか参考書に目を通していますが、次第にスマホを持つ時間が多くなり、最後には肘をついて両手でスマホを握り出します。

たいていの人は、そのまま席を立っていきますね。

 

さて、前置きが長くなりましたが、この状況は長期的にみて、日本の学力低下を招くでしょう。

「他の国の学生も同じでしょ?」

確かにそうなのですが、モラトリアムな学生生活を送ることのできる日本の学生は、アメリカの学生に比べて生活にも余裕があります。

何と言っても日本の大学は入学は難しいのに、その後の卒業は簡単ですからね。

そんなゆるい生活の中で勉強していると、ついついスマホも手に取ってしまうのです。

カフェと行政が協力して勉強施設を作ればいい


空き時間にカフェに立ち寄り、本を読んだり勉強をしたり。そういう使い方であれば、カフェは非常に効率の良い勉強場所です。

ただし、一日に何時間も勉強するつもりなら話は別です。やっぱり家や図書館の方が効率的でしょう。

 

ここからは私の妄想です。

一息つくためにコーヒーを飲める勉強用施設を地域が作ってしまえばいいのです。そのスペースにスターバックスやドトールが間借りして、コーヒーを販売します。

場所代はタダ。その代わり、利益の一部を施設に還元するんです。お金がなくて図書館や施設を作れない行政も、これなら収入源を確保することができますよね。

 

遠くない将来、美味しいコーヒーが飲めて静かなスペースが街に増えたらといいなぁと思っています。



〓初めての方に読んでほしい記事5選

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中

「カスタマーファーストってなんだろう」と考える人に知っておいてほしいこと

【日本橋ランチ25選】日本橋〜室町を10年食べ歩いた末に見つけた名店たち