高級発酵バターなのに?撹拌しないバターコーヒーは味がイマイチ

最近、とあるダイエット本の影響でグラスフェッドバターを使ったバターコーヒーダイエットを続けています。でもこのダイエット、毎朝ミキサーでコーヒーを撹拌しなければいけないので、結構手間がかかります。

手間がかかるという理由でダイエットを断念するのはもったいないので、如何に手を抜いてバターコーヒーが作れるのかを試してみました。

ジューサーを使わないとダメ

結論から言うと、ハンドシェーカーにコーヒーとバターを入れて振っただけでは、全然撹拌しませんでした。

何分も振り続ければ変わるのかもしれませんが、それだとコーヒーが冷めてしまいますしね。

コーヒーは酸化しやすいので、前日に作り置きすることも出来ません。この時点で私のショートカット作戦は見事に失敗に終わりました。

 

他の何を省いても、結局ミキサー使わないといけないなら、全体の手間はそれほど変わりません。でもまあ、このために毎日早起き出来てるし、悪いことばかりではありません(と、自分に言い聞かせる)。

味もオイリーさが目立つ

oil-1062433_640

撹拌しなくてもグラスフェッドバターとMCTオイルの成分に変わりはありません。吸収率は少し下がるでしょうが、それでもダイエット飲料には違いありません。

でも、

「油っこくてまずい」

飲むのに抵抗があるレベルです。撹拌したバターコーヒーは、美味しいミルク入りコーヒーという感じで、嗜好品として十分楽しめます。

いくら手間を省くといっても、美味しくないコーヒーを飲むくらいなら、手間をかけるのがコーヒー好きです。

バター代用でコストダウン

手間を省くを諦め、コストダウンに着手。

今使っているグラスフェッドバターはAmazonで購入しています。

2,700円+送料がかかるので、毎日使うには高級品ですよね。恐らくバターコーヒーがもっと流行れば安くなるのでしょうが、それはもう少し時間がかかりそうです。

 

そこでAOCバターを使うことにしました。

AOCバターであれば、明治屋やカルディなどにもたまに売っています。元の金額も安いですし、送料がかからない分、コストは半分程度まで抑えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。