【ブログレビュー】開始から10ヶ月|100記事を書いて学んだこと




こんにちは、mongomeです。

年初にブログを書こうと思い立ってから10ヶ月、ようやく100記事目を投稿することができました。

3日に1回の更新ペース。世のブロガーにとっては少ない方ですが、私にとってはかなり満足できる結果でした。

流石に自分に甘いんじゃない

はい、その通りです。。

周りの勢いには流されず、これからもコツコツと更新を続けていこうと思います。

振り返り1 過去記事をみて赤面

恥ずかしい
最近ふと思い立ってブログを書き始めた頃の自分の文章を読み直してみました。

 

たった数ヶ月前の記事のはずなのに、文章のあまりの読み辛さと短さに驚いてしまいました。

 

今はどの記事も500~1,000文字は書いていますが、当初はほとんどが200~300文字。中には100文字台の記事もあります。

 

ここまで短いと、日記というよりはもはやtwitter。毎日つぶやいていたようなものです。

 

その記事の一部は残していますが、ほとんどは削除したり修正したりしています。より良い言い回しを考えるのが面倒になったり、はしょってしまったりと、昔は悪い癖がいつも出てしまっていました。

 

まだまだ文章能力は道半ばですが、少しずつ書くことに対する抵抗は無くなってきている気がします。

 

今は公開前に「ちょっと待てよ、この文章、もう少し丁寧説明しないと伝わらないんじゃないか」と考える様になりました。

振り返り2 チェックは客観的に

チェック
仕事でもそうですが、自分の文章をチェックする場合には主観を省くことが大切です。

そのために私は

  1. 画面ではなく、プリントアウトしてから紙でチェックする
  2. 時間を置いてからチェックする

 

といういたってアナログな方法で自分の記事を校閲しています。

書き手は背景を知っている分、読み返す時に無意識に行間を埋めることが出来ますが、読み手はそうはいきません。

読み手にとって必要な情報が抜けていると、前述のように文が短い、足りないと感じてしまいます。ですので、無理矢理にでも書き手の環境と違う状態でチェックする必要があるんです。

自分の文章でそれを学ぶのも少し恥ずかしいですけどね。

振り返り3 ブログのメリットは主観を書けること

議論
チェックは客観的でも、書く内容が主観的なのがブログ。普段何気なく思っていることや、ふと感じたことなどは、出来る限りブログに残す様にしています。

「後でブログに書こうかな」

と思ったまま、書こうとした内容を忘れてしまうことが良くあります。ですので、思った時にすぐメモしたり、ブログのタイトルだけを書いたりしています。これが習慣になると、記事のネタは意外とたまったくるんですよ。

最近、仕事でこんなことを言われました。

「目の前にその情景を浮かべることができるほど、具体的に話をしなさい。そうすれば、相手はあなたの話に興味を持ってくれるでしょう」

 

良い言葉です。

これからもよろしくお願いします。

関連記事:ブログは見えない相手とのコミュニケーションだと気付いた話



〓初めての方に読んでほしい記事5選

日本橋ランチ25選|日本橋室町を10年食べ歩いて厳選した絶品ランチグルメ!

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中

「カスタマーファーストってなんだろう」と考える人に知っておいてほしいこと

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い