【香港】サードウェーブコーヒー|The Coffee Academicsに立ち寄りました




香港に着いてから3日目のこと。

現地の人の話しによると、香港でカフェと言えばスターバックスの他にPaciffic Coffeeというチェーン店が有名なようです。

日本で言うところのドトールのような位置づけです。取引先の方と日本の珈琲ブームについて話をしていると、最近香港にも価格帯がやや高めで、こだわりを持ったカフェが出てきている話を聞きました。

香港のサードウェーブコーヒー

その一つが香港市内に4店舗展開しているThe Coffee Academicsです。

取引先の方に連れられ、早速行ってみました。

香港駅の2駅隣、湾仔(ワンチャイ)駅から5分ほど歩くと店がみえます。

この時期の香港の気温は32~33度で、湿度は90度以上あります。そのため、照りつけるような暑さはありませんが、少し歩くと汗がじわじわと噴き出してききました。

 

店内は木を基調とした落ち着いた雰囲気です。

カウンター内では、注文の度に1杯ずつドリップをした珈琲が提供されます。香港の屋内は全体的に日本よりも冷房がきついため、カフェではホットコーヒーを頼んでいる方もチラホラと見かけました。

汗をかいた私には丁度よかったです。

entry-81.jpg IMG_1253.jpg

物価は少しインフレ気味?

最近の世界的な物価高は香港でも同じで、通常の珈琲の最低価格は40香港ドル(約600円)で、水出しのアイスコーヒーは一杯98香港ドル(1,500円)もします。

またThe Coffee Academicsでは、珈琲の他にトーストやパスタも提供しており、日本の純喫茶的な役割も果たしているように見えました。

味はというと、そこまで特徴的ではありませんが、苦味が非常に弱かったです。

これなら、珈琲が苦手な方でも飲めそうですね。

印象的だったのは、アイスコーヒーを頼むと、氷の入っていない冷たいコーヒーが提供されることです。

 

恐らくお店側のこだわりだと思いますが、日本ではあまり馴染みのない飲み方でした。それとも英語が通じなかっただけ??

結局鴛鴦茶は飲まずじまい

そういえば、結局鴛鴦茶は飲む機会がありませんでした。香港の方に鴛鴦茶の話をすると、やはりとても一般的な飲み物のようで、どこに行っても飲めるそうでした。

鴛鴦とは中国語で「つがい」を意味するそうで、若い人の間では恋人茶とも呼ばれているとう話も聞けました。

珈琲と紅茶が混ざってつがいになるなんて、少しロマンチックでした。



〓初めての方に読んでほしい記事5選

日本橋ランチ25選|日本橋室町を10年食べ歩いて厳選した絶品ランチグルメ!

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中

「カスタマーファーストってなんだろう」と考える人に知っておいてほしいこと

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い