【おすすめ】私が東京で出会った感動する美味さの焼肉店を5つ紹介する!

スポンサーリンク

東京の焼肉といえば叙々苑や游玄亭。学生の頃の私は当たり前のようにそう思っていました。東京に来て初めて叙々苑の焼肉を食べたとき、「おお、うまい!」と感じたのは事実です。ただ心のどこかで「本当にこれが最高なのか?」と感じたのも正直な気持ちです。

それから6年。東京中のいろんな焼肉店を食べ歩きました。今回は、その中でも特に印象に残っている5点を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

どんどん(新宿歌舞伎町店)

ねぎタン[画像元:http://tabelog.com/]

東京に来たての頃はよく遊びにいった新宿。年月が経つにつれ遊びに行く機会は減りましたが、この店には今も足を運びます。店内はカウンターとテーブルが3つと、焼肉店にしては狭め。料理が無ければ歌舞伎町のオシャレなバーのような照明と雰囲気です。

ここの肉は本物。注文の度に塊肉から切り落とされる牛タンやハラミは、観ているだけでも満足出来る光景です。中でも、名物のねぎタンは絶対に外せない一品。七輪で焼肉を食べる歌舞伎町もありなんじゃないでしょうか。

 

▶新宿西口駅から194m
▶食べログ

 

肉屋直営 肉のすずき(浅草)

ホルモン

店名の通り、肉屋直営のため質の高い牛肉をお手頃価格で楽しめます。A4やA5の肉は流石に値が張りますが、他は一皿1,000円前後とリーズナブルな価格帯です。私のおすすめはナムルとホルモンセット。もちろん王道のカルビや牛タンも美味しいのですが、おすすめの2つは他の店とはひと味もふた味も違います。ビールが進むこと間違いなしです。

 

▶けんばん通り(柳通り)近く。浅草駅から600m
▶過去記事(ナムルの感想など)
▶食べログ

 

たん清(秋葉原)

たん清[画像元:http://tabelog.com/]

牛タン好きなら外せない名店。特に特製のネギダレをまぶした名物のねぎ塩タン焼きは、ボリューム満点なのに1,200円とリーズナブル。最後まで牛タンでも良いくらい飽きがきません。このお店、ランチも有名です。じっくりと煮込んだ牛タンのシチュー(1,000円)は、行列は当たり前、売り切れることもしばしばあります。

 

▶JR秋葉原駅より徒歩5分
▶食べログ

 

焼肉ジャンボ(白金高輪)

焼肉ジャンボ[画像元:http://tabelog.com/]

色々なメディアと取り上げられている有名店。白金の焼肉御三家の一つとも言われています。ちなみに、残り2店も名店ですよね(金竜山ときらく亭)。この店の肉は全てA5ランクの和牛。皿に盛られた光景は、もはや芸術品です。たった数秒焼いて食べるのがおすすめのミスジやザブトンは、記念に食べてもらいたい一品です。

 

▶南北線 白金高輪A4出口より 徒歩7分
▶食べログ

 

焼ジビエ 罠(神田)

罠[画像元:http://tabelog.com/]

最後はひと味違ってジビエ専門の焼肉店です。ジビエというとフランス料理を代表とした西洋料理で使われるイメージですが、焼肉との相性も抜群です。猪や鹿と聞くと抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、臭みは全くありません。焼肉の一つ上のステージへ踏み出してはいかがでしょうか?

 

▶JR神田駅西口から徒歩3分、銀座線神田駅から徒歩5分
▶食べログ

 

まとめ

全体的にタン塩やホルモン系が多い紹介となりました。どの店もカルビやロースが美味しいのは当たり前ですからね、あえて詳しくは紹介していません。気になる方は、是非自分の舌で確かめてくださいね。

ではでは

スポンサーリンク

コメントを残す