WordPressのブログ開設から1ヶ月。移行して良かった3つのこと

FC2ブログからWordPressへ移行してからおよそ一ヶ月が経過しました。

ようやく落ち着いてきたので、私がWordPressに移行したきっかけや、移行して良かったことなどを書いてみようと思います。

これからWordPressを初めてみようと考えている人の後押しになればいいな〜と考えてます。

スポンサーリンク

WordPressとの出会い

FC2ブログ自体は今年の1月1日から始めました。私はブログのレイアウトやフォーマットを変えるのが結構好きで、それ関連でググっていると、WordPressという言葉をよく目にしたんですよね。

 

色々調べてみると、WordPressを使ってブログを書くには、

①サーバをレンタルする
②独自ドメインを入手する

の2つが必要だという事が分かってきました。

私はネットワークを仕事でかじっているため何となく分かりましたが、初耳の方のために簡単にご説明します。先人の方々が詳しく説明しているので、詳細はググってみてくださいね。

サーバをレンタルするとは?

datacenter-286386_640
サーバというのは大きなPCです。DELLとかHPとかのPCメーカが販売している機器です。

 

我々が日頃アクセスしているサイトは、必ずどこかのサーバ上にあります。サーバにある画像やデータを自分のPC上で表示しているのです。

 

自分の家のパソコンをサーバにする事も可能なのですが、レンタルすることで煩雑な設定やセキュリティ対策を自分でする手間が省けます。

 

PC好きの人達からすると「サーバくらい自分で立てれば?」となるようですが、時は金なり。目的がブログ開設ならレンタルした方がいいでしょう。

 

私は「ロリポップ」という会社のライトプランを契約しています。月額250円で50GBの容量が使えます。何よりもWordPressのインストールがほぼ自動なのが便利です。

このサーバ上にブログで使う画像やスタイルシートなど保存して、画面上に表示するんですね。

独自ドメインを入手するとは?

agreement-303221_640
独自ドメインとはインターネット上の住所に当たるものでxxx.comやxxx.co.jpのように記述されます。

実はドメインを使うにはお金がかかるんです

私が使っている”.tokyo”は、年間維持費は920円。GMOグループが運営する「お名前.com」で契約しました。

ちなみにこのドメイン、法人しか登録できないものもあります。.co.jp.jpがその例です。法人向けのドメインは年数万円掛かります。
追記:jpドメインは個人でも取得出来るようです。さかのうえのまろさん、ご指摘ありがとうございました。

 

アメブロやFC2ブログでは、ユーザがブログサービスを提供する会社のドメイン(住所)とサーバ(保管場所)の両方を借りてブログを書きますが、サーバを自分で調達してきた場合はブログサービスのドメインは使えません。

ですので自分でドメインを作る必要があるんです。

色々大変だったブログ移行ですが、良かった点が3つもありました。

気分がいい

lifestyle-967453_640
これが最も良かった点です。

維持費は年3,000~4,000円かかりますが、自分のサーバとドメインを持っているという気分は、思ったよりも良いものです。

一軒家を購入したがる人の気持ちも分かります。

ブログサービスに振り回されない

ブログサービスを使っていると、サービス会社の移行により色々と仕様が変わったりします。

 

私はFC2ブログを使っていたのですが、

画像の保存先URLが定期的に変わるので、突然画像が表示されなくなることがありました。

 

ブログの機能も変更/削除されることもありますし、最悪はブログサービスの修了の可能性もあります。

ずっと続けてきたブログが、ブログサービスの修了により無くなってしまうなんて悲しいですよね。

豊富なカスタマイズと簡単な操作

WordPressには多くのテンプレートがあります。有料のものはやはり作りがしっかりとしていますが、無料でも十分満足できます。

私が使っているStinger5も有名な無料テンプレートの一つです。

 

テンプレートを使うと、.phpや.cssのファイル編集時のアドバイスがネット上にコロコロと転がっています。先人方の知恵を拝借できるので、まずは有名どころのテンプレートから始めるのが良いかと思います。

初心者におすすめ!無料で使えるWordPressのテーマ10選

 

皆さん、WordPressを使ってみたくなったでしょうか?

せっかくなら、楽しくブログを書ける環境を作るのも悪くないですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す