雑記

ボウモアスモールバッチを購入 マッサン効果でスコッチの人気も上昇

こんにちは、mongomeです。

最近、久々にシングルモルトのスコッチウイスキーを購入しました。

学生の頃はよく飲んでいたのですが、社会人になってからはビールを飲む日が増えました。

3年ぶり位にウイスキーを買いに酒屋へ行ったのですが、品揃えが昔に比べて明らかに悪くなっているんですよね。

NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」の影響もあり、世の中はウイスキー不足となっているようです。

スポンサーリンク

スモーキーなアイラ島のウイスキー

アイラ島のウイスキーの特徴として、麦芽をピートを使って乾燥させる行程があります。

ピートとは泥炭のことで、その名の通り泥上の炭です。麦芽を燻す際にこのピートを使う事で、アイラモルト独特のスモーキー香のあるウイスキーが出来上がるのです。ちなみに、麦芽は大麦を発芽させたものです。

わたしはその中でもボウモアが好きで、昔も好んで飲んでました。今回購入したのは、2014年からサントリーから販売しているボウモアスモールバッチです。

ボウモアは定期的に新製品や限定品を出していますが、これは新製品のカテゴリに入るそうです。

ボウモア スモールバッチのテイスティング

スモールバッチの特徴は、ファーストフィルとセカンドフィルのバーボン樽で熟成された原酒を使ったボウモアです。

・ファーストフィルは、新樽にシェリーやバーボン等の酒を熟成させ、払い出した直後の樽
・セカンドフィルは、ファーストフィルを使って酒を熟成させ、払い出した直後の樽

それにしても、ウイスキーの琥珀色って奇麗ですよね。いつまでも眺めてられそうです。

IMG_1639口に入れると、ボウモア独特のピート香(正露丸、薬品などと表現する方もいます)が広がります。甘みはボウモア12年よりも少し弱く、後味も軽い印象です。

ボウモアはシェリー樽を使っているイメージが強いのですが、このスモールバッチはバーボン樽も使っています。すっきりと乾いた印象を受けるのは、バーボン樽の効果でしょうか。

フレーバー ★★★★★☆☆☆
後味    ★★★★☆☆☆☆
質感    ★★★★★☆☆☆
甘さ    ★★★★☆☆☆☆
総合評価  ★★★★★☆☆☆
合計:23/40点

この点数方式、実はコーヒーのテイスティングで使う物と同じです。コーヒーの場合はこの5項目の他、キレイさ、酸味、ハーモニーが加わります。

今回はこの基準のうち、ウイスキーに関わりそうな項目をピックアップして採点してみました。

気になった方は是非試してみてくださいね。

ではでは〜

スポンサーリンク



最新記事

Twitter

PAGE TOP