【那覇】小禄駅の田原屋|美味しいコーヒーが飲める自家焙煎珈琲店

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

先日、沖縄の那覇市にある自家焙煎珈琲店「田原屋(たばるや)」を訪問しました。

当日の気温は25度超え。まだ4月だというのに真夏のような暑さだったため、店内に入った時には汗だくでした。

アイスコーヒーしか飲みませんでしたが、とても美味しいコーヒーをいただくことができました。

沖縄県とコーヒー


沖縄には、コーヒー専門店が多くあります。

お店の人や沖縄の人と話したところ、那覇だと首里城周辺、北部だと名護市に多いそうです。

コーヒーを栽培するためには、コーヒーベルトと呼ばれる北緯25度から南緯25度までの気候である必要があります。

沖縄県は、そのコーヒーベルトに日本で最も近い場所に位置しています(北緯26〜27度)。ちなみに、他にコーヒーベルト近傍にあるのは小笠原諸島のみ。

沖縄では約40年前からコーヒーの栽培が始まり、今では1つの産業にもなりつつあるほどです。

喫茶店が多いのも、それが理由かもしれませんね。

スポンサーリンク

自家焙煎珈琲 田原屋


お店は、小禄駅のゆいレール沿いから一本脇道に入ったところにあります。赤い柱や旗が目印になっているため、そうそう迷うことはないでしょう。


1Fは駐車場で、お店は2Fにあります。アンティーク調の螺旋階段がいい感じです。


木を基調とした落ち着いた店内には、有名人?のサインが所々に飾られています。


当日いただいたアイスコーヒー。

おまけでコーヒーあんみつが付いてきます。


このコーヒーあんみつがとっても美味しかったのが印象的でした。

甘いあんみつと冷たいコーヒーゼリーが、暑かった体に染み渡ります。

アイスコーヒーは味が濃く、しっかりとコーヒーの味と苦味が感じられます。


店内には、焙煎室があり、その外には生豆や販売用の豆が並べられていました。お値段は100g700円〜で、大体850円くらいがボリュームゾーンといったところ。

スペシャルティコーヒーをきちんと提供するとなると、どこでもこれくらいの価格設定になるんですね。


おしゃれなカウンターには、コーヒーカップやポットがたくさん並べられています。

お店の方に「写真撮ってもいいですか?」と聞いたところ、快く承諾をいただけました(忙しい時間帯にパシャパシャ撮ってしまい、すみません)。

皆さんも、那覇観光の際にはぜひ田原屋を訪れてみてはいかがでしょうか。

http://www.tabaruya.com

スポンサーリンク

▼関連トピック



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

脇汗対策|Amazonでも楽天でも購入できないデトランスαって何もの?

【ランチ20選】日本橋室町で6年働いている私が、オススメのお店を紹介!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった

コメントを残す