マックやスタバのプラスチックストロー廃止に日本が消極的なわけ

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

先日、スターバックスとマクドナルドが相次いで2020年までのプラスチックストローの廃止を表明しました。

初めは「ストローなしで飲むの?」なんて思いましたが、徐々に紙ストローに切り替えていくみたいですね。

紙製のストローってあまり馴染みがないのですが、アマゾンで440円/100本で売ってました。

結構高いですね。

1本4円強。100円コーヒーの場合、約5%がストロー台になる計算。。

ただ、世界的に紙ストローの需要が増えれば、もう何分の一かになると思うので、意外に値上げには影響しないかも。

さて、その紙ストローの導入に関して、日本は積極的ではないというニュースが流れています。

事の発端は今年6月にG7で採決された「海洋プラスチック憲章」からきています。これは、海洋汚染の原因となっているプラスチックを減らし、再利用する事で、海洋環境を汚染から守ろうというもの。

年間のプラスチックゴミの総量は約3億t、そのうち800万tが海に流出していると言われています。

凄い量ですよね。

海の汚染」というワードを聞くと敏感に反応するのが人というもの。この憲章を受けて、スターバックスやマクドナルドはプラスチックストローの廃止を表明したようです。

ただ、日本はその憲章に署名していないみたいなんです。その理由が、

  1. 中国やロシアが憲章に加盟していないため、世界的にみた影響が大きくないため
  2. 国内産業への影響が大きいため

このニュースを聞いた時、

「日本らしいな」

としみじみ思いました。

例えば選挙での投票率の低さなどは「自分のたった1票が体勢に影響を与えるはずがない」という考え方からくるところが多いでしょうし、祭りやイベントでのマナーの悪さもそうかもしれません。

直接的な影響は大きくないと思っていても、行動してみた結果、思わぬ副産物が得られることもありうるのです。

今回のプラスチックストロー廃止の件に関しても、ストローを使わない新しいドリンクの形態が生まれるかもしれませんし、紙ストロー以外の便利グッズが販売されるかもしれませんからね。

何事も保守的に考えすぎると、新しいものが生まれないなぁということを改めて感じられたニュースでした。

スポンサーリンク

▼関連トピック



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

脇汗対策|Amazonでも楽天でも購入できないデトランスαって何もの?

【ランチ25選】日本橋室町で8年働いている私が、オススメのお店を紹介!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった

コメントを残す