【バーミキュラ】低温調理器は使わない!自宅で簡単柔らかステーキを作る

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

少し前の記事でコーヒーとワインの類似性なんて話をしてみた通り、最近はもっぱら赤ワインにハマっています。

以前はよく禁酒の効果について熱く語っていたにも関わらず、最近は毎日の晩酌が日課になっています。

少々矛盾するかもしれませんが、これはこれでいいんです。私はいいお酒を選んでいる時間や飲んでいる時間も趣味として楽しめているので、その時の晩酌はOKにしています。

よくないのは、仕事のストレスや時間つぶしのために仕方なく晩酌をしてしまうこと。節度を持って楽しめれば、晩酌も悪くありません。

 

赤ワインといえばステーキ。ステーキと言えば赤ワインというほど、この2つの相性は素晴らしい。日本酒と刺身、ウイスキーとナッツ、ビールと餃子くらいの鉄板です。

ただ、家でステーキを焼くと気になるのが台所の油汚れ。それにどうしても肉が硬くなってしまいます。

なんとかしてこの2つをクリアし、家での楽しい晩酌タイムを過ごそうと試行錯誤した結果、この方法にたどり着きました。

スポンサーリンク

バーミキュラを二段活用


私が愛用している無水のホーロー鍋、バーミキュラ。最近では大型ショッピングセンターや家電量販店でも見かけるようになりましたね。Amazonなどでも購入できます。

バーミキュラといえば、水を使わずにカレーが作れたり、蒸し料理ができたりなど、無水調理が特徴です。

ただ、もともと熱伝導の良いホーロー鍋で、しかも鍋底がグリル状になっているため、焼き物を作るときにもとても重宝するんです。早速調理方法をご紹介しましょう。

はじめに真空状態でボイル

レシピ本やテレビ番組を観ていると、よくステーキ肉は常温で30分ほど置くという方法が紹介されてします。

私もこの方法で作っていたのですが、あらかじめボイルするだけで、肉が見違えるくらい柔らかくなります

最近話題となっているanovaなどの低温調理器具からヒントをもらいました。

 

必要な道具はジップロックとバーミキュラだけ!

実は、低温調理器具がなくても、ジップロックとバーミキュラがあればある程度は低温調理状態を再現することは可能です。

ジューシーなハムやローストビーフを作るにはコツが必要かもしれませんが、ステーキの下ごしらえ程度であれば、目分量でなんとかなります。

 

手順①
はじめに、筋切りをしてフォークで数カ所に穴を開けておいた牛肉をジップロックに入れます。

バーミキュラのお湯は沸騰してから15分程置いた状態がベストです。温度計があれば、70~75度の間に合わせておきましょう。

ポイント!
ジップロックの口を少し開けた状態で肉をお湯の中に入れていくと、空気が抜けて真空状態を作りやすいですよ。

 

手順②
あとはそのまま蓋をして放って置くだけ。その間にニンニクや野菜を切っておきましょう。時間を測る場合は20~30分。

あまり細かな時間は気にせず、見た目が生肉でなくなればOKのサインです。

塩胡椒をして焼く

手順③
時間が経ったらジップロックを取り出しましょう。ちょうど人肌よりも少し熱いくらいになって、肉の色がほんのりとグレーに川ているはずです。

 

ジップロックから肉を取り出すとき、私が言っていることの意味がわかるでしょう。

そう、ビックリするくらいに肉が柔らかくなっているのです。下ごしらえといえば、筋切りとフォークの穴だけ。タマネギやワイン、牛乳に浸したわけでもなく、ただボイルしただけです。

それなのに、グラム300円の肉が980円と錯覚してしまうくらいにグレードアップするんです。

手順④
肉を丁寧に取り出した後は、両面に塩コショウをしてから中火で焼き目が付くまで焼きましょう。私は付け合わせとしてアスパラとマッシュルームも一緒に焼きました。

ここで鍋を使っている効果があらわれます。

「フライパンと違って油跳ねが少ない」

底が深いので当たり前ではありますが、後片付けが少ないと思うと安心して焼けますね。

 

手順⑤
肉自体が温かくなっているため、焼き方は簡単。見た目がいい感じになったらOKです。そうすることで、ちょうど肉の中心もミディアムレアくらいの火の通り加減になります。

火を止めた後、蓋をして2~3分置いておくと、肉汁も落ち着きますよ。

 

ワインと一緒に食す


火を通した後も、肉の柔らかさは失われていません。食べるのに夢中で写真を撮り忘れましたが、中はほんのりピンクのミディアムレア状態でした。

そもそも私がワインを飲み始めたのは、たまたま「図解 ワイン一年生」という本を目にしたのがきっかけでした。

この本は、今まで難しそうだと感じていた産地や品種の特色を、漫画と筆者のフランクな口調で説明しています。

 

ブドウの品種が擬人化された高校でワインのイロハを学ぶという設定も読んでいて飽きません。

ワインを買ってみたいけどよく分からないというワイン初心者にとって最良の1冊だと思います。

この本とバーミキュラのおかげで、私のワイン消費量はどんどん上がっていますが。。

皆さんも、バーミキュラで油汚れを気にせずに柔らかステーキを作ってみてくださいね。

関連記事:ふるさと納税|福岡県嘉麻市の赤崎牛レンガステーキがスゴい!

スポンサーリンク

▼関連トピック



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

脇汗対策|Amazonでも楽天でも購入できないデトランスαって何もの?

【ランチ25選】日本橋室町で8年働いている私が、オススメのお店を紹介!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった

コメントを残す