スモークチキンの燻製レシピ|自宅に専用器具がなくても大丈夫

スポンサーリンク

こんにちは。最近何でもかんでも燻製してみたくなるmongomeです。

今回は定番中の定番、スモークチキンを作りました。

レシピは下準備込みで30分強。ぼくにとっては晩酌のお供にもなる万能燻製です。

ではさっそく始めましょう。

スポンサーリンク

下準備(10分)

今回のコンセプトは思い立ったらすぐ出来る燻製です。そのため、下準備も最低限の塩こしょうだけ。

鶏肉の両面に塩をまぶし、キッチンペーパーで包みます。10分も経つと鶏肉から水分が出てくるので、しっかりと拭き取ってください。

燻製に水分は大敵です。

逆を言うと、水分さえ抑えれば美味しいスモークチキンは出来たも同然です。

熱薫(10分)

  1. スキレットにアルミホイルを敷き、サクラチップとザラメをその上に敷き詰めます。

燻製の基本手順は、この記事が参考になります(自分のだけど)。
▶煙がでない燻製の作り方|スキレットでスモークベーコンとカシューナッツ

 

元々風味が強い鶏肉には、香りが強く移るサクラチップとの相性が良い気がしました。

ウイスキーチップやヒッコリーだと、香りが鶏肉に負けて、燻製感が余り感じられなかったんです。でもこればっかりは好みの問題なので、色々と試してみるのがいいでしょう。

 

  1. サクラチップの上に、もう一枚フワっとアルミホイルをかぶせます。

実はここが一番ポイント。水分を多く含む鶏肉は、燻製途中で下に水滴が落ちてしまいます。チップに水滴が落ちると酸っぱくなってしまうので、それを防ぐためにアルミホイルを敷くんです。

 

IMG_2509

 

  1. アルミホイルの上に網を置き、その上に鶏肉(皮面を上)をセットします。
  1. 中火でスキレットを熱し、煙が出たらトロ火にして10分熱燻します。

温薫(10分)

  1. 10分経ったら火を消し、そのままもう10分温燻状態に保ちます。

蓋は開けちゃだめですよ。

IMG_2510
  1. ふたを開け、スモークチキンを一旦取り出します。

火を消してから10分経ってますが、まだまだ熱々です。やけどに気をつけて。

 

IMG_2516
  1. スキレットの中身を取り出し、スモークチキンの皮目を焼きます。

スモークチキンがくっつかないように、スキレットにはほんの少しだけサラダ入れてください。中火で2分くらい焼けば、皮もパリパリになります。

(これはお好みなので、ふにゃふにゃの皮が好きな人は飛ばしてください)

IMG_2519

焼いた後の皮面はこんな感じ。見ているだけでヨダレが出そうです。

 

IMG_2523
  1. 焼いたスモークチキンを一口大に切ったら完成です。

まとめ

IMG_2529
スモークチキンの味はみなさんが想像した通り、香りと味が全面に出て、とってもお酒に合いました。

以前熱薫を15分にした時はパサパサになってしまったのですが、10分だとジューシー感が楽しめます。

材料もレシピも簡単なので、燻製初心者でも楽しみながら作れますよ。

ではでは〜

こちらのレシピもオススメです⬇
▶おすすめ燻製レシピ|自宅で簡単に作れる5品を紹介!!

スポンサーリンク

コメントを残す