ロッジのスキレットを使った人気レシピ4選|後片付けと手入れも簡単

2015年の初めに購入したスキレットですが、思ってた以上に重宝しています。特に肉料理の味は見違える程良くなりました。

やっぱり鉄っていいですね〜。

中華鍋程大きくないので、手入れもそれ程大変ではありません。使い終わったらちょっと油を塗っておけばいいだけです。

ここでは、これまでスキレットを使って作ったレシピの中で「これはおすすめできる」と自信を持って言えるものを集めてみました。

スポンサーリンク

スキレット

IMG_0312
簡単に言うとダッチオーブンのようなものです。スキレットとは何かをご存知無い方はこちらをどうぞ。

▶ロッジ社製スキレットを購入-ダッチオーブンとは何が違う??

焼き

スキレットと言えば焼き物です。分厚い鉄製のスキレットは、熱がまんべんなく届くため、具材への火の通りがテフロン加工とはひと味もふた味も違います。特に、肉を焼けばその違いはすぐに分かるはずです。

ミラノ風チキンカツレツ

IMG_0695
▶ミラノ風チキンカツレツのレシピ

鶏のむね肉を使っているので、見た目よりもヘルシーな仕上がりです。

ポイントはパン粉の中に粉チーズを混ぜること。これだけはケチってはだめ。

油で揚げると、粉チーズの香ばしい風味がキッチン中に広がりますよ。

鶏もも肉の香味焼き

IMG_0714
▶鶏もも肉の香味焼きレシピ

もも肉のジューシーさを楽しむならこれ。

スペアリブの甘辛焼き

IMG_1856

Cpicon スペアリブの甘辛焼き-ダッチオーブンで- by Mongome

初めに皮面を焼いて、バリパリの状態にします。その後はオーブンに入れて中までじっくり火を通します。

実は、肉汁を吸った野菜の美味しさの方がビックリした逸品です。

燻製

IMG_2036
▶煙がでない燻製の作り方|スキレットでスモークベーコンとカシューナッツ

スキレットがあれば燻製も家で手軽にできちゃいます。

燻製キットのような大掛かりな道具も必要ないため、

「燻製食べたいな〜」

と思ったらすぐにでも取りかかれるのが良いですよね。鉄なので、長時間の空焚きも気にする必要がありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?気になるレシピがあったら、是非試してみてください。

スキレットは、思った以上に色々なシーンで活躍する便利屋です。
一家に一つのスキレットがあれば、料理の幅が広がること間違いナシです。

ではでは〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す