「孤独のグルメseason7」第1話|初回からトンカツとステーキに喰らい付く

こんにちは、孤独のグルメファンのmongomeです。

ついにやってきました孤独のグルメシーズン7。シーズン5あたりから、毎回このシリーズが最後という雰囲気を漂わせていましたが、気づけばすでにシーズン7まで続いていますね。

今回のオープニングがこれまでよりもキャッチーで今風だったことに気づいた方もいるかもしれません。ストーリー中も全体的に明るくポップな雰囲気に仕上がっています。

シーズン5や6では一言一言をゆっくり話す印象があったのですが、今回は軽快にステップを踏むような流れを感じます。シリーズごとに雰囲気が変わるのも、観ていて楽しいポイントですよね。

埼玉県上尾市本町の肩ロースカツ定食

初回は王道のトンカツ。トンカツといってもただのトンカツではありません。低温でじっくりとあげたピンク色が特徴的な奇跡のトンカツです。

こちらは、昨日からトンカツモードだった五郎さんがようやく見つけたトンカツ屋。精肉店が下ろしたトンカツ屋にハズレはありません。

五郎さん調べによると、トンカツの厚さはナント4cm。低温でしっかりと火が入ったピンク色の豚肉は、見ているだけで食欲をそそります。塩とトンカツソース以外にも、ゴマだれや味噌ダレなど、味のバリュエーションが多いのも一人飯には嬉しいところです。


隣のおじさんがハーフ&ハーフを頼んだのを見て、すかさず五郎さんも100gステーキを注文。

最近の五郎さんは、定食1つで終わることはほとんどありませんよね。この流れを最初から予想していた方も多いはず。

たまに五郎さんの真似をして追加で1品頼んだりしてみるのですが、意外と完食するのが大変だったりします。定食屋の量って丁度いい塩梅で考えられているんだなと思います。

お店情報:キセキ食堂

このカツのピンク色こそが奇跡。まさに奇跡のトンカツです。厚切りのカツはついつい五郎さんがメジャーで測ってしまうほどのインパクトです。

店名の由来は、この奇跡的な肉、ではなく、店長のお子さんが決めたそうな。材料が切れ次第閉店する人気店なので、お早めに行くことをお勧めします。

低温調理したような鮮やかなピンク色

関連ランキング:ステーキ | 上尾駅

上尾市本町の人気店

埼玉県上尾市本町には、キセキ食堂以外にもたくさんの人気店が軒を連ねます。

上尾ごはん


メニューはなんとステーキ丼とカレーのみ。しっとりとしたレアステーキは、一度食べたらやめられません。

これだけの大盛りで1,000円というのもリーズナブルな価格設定です。

上尾ごはん

やきとり市場


上尾市のサラリーマンが集う人気の焼き鳥屋。常に満席のため、予約をしておいた方がいいでしょう。シメには焼きおにぎりと鳥スープが最高です。

やきとり市場

スポンサーリンク

▼関連トピック



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

脇汗対策|Amazonでも楽天でも購入できないデトランスαって何もの?

【ランチ25選】日本橋室町で8年働いている私が、オススメのお店を紹介!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった

コメントを残す