バーミキュラ超入門レシピ|定番!鶏のジューシーロースト【アレンジ版】

こんにちは、コーヒーマイスターのmonogomeです。

最近はワインにハマっているせいか、ステーキや鶏肉のローストなど、洋風な食べ物を作ることが多くなりました。

そこで活躍するのが2つの最強アイテム。スキレットバーミキュラです。

スキレットは厚みのある鋳造で作られているため、肉の芯まで熱を均等に通し、ステーキをジューシーにします。バーミキュラは野菜の水分を逃さず、甘みと旨みを引き出してくれるので、煮込み料理で真価を発揮します。

今回はバーミキュラ公式レシピブックにも掲載されている鶏のジューシーローストを、特別スパイスを使って作ってみました。

スポンサーリンク

レシピ

今回作る料理は、バーミキュラを購入した時に付いてくる公式ハンドブックに掲載されている「鶏のジューシーロースト」のアレンジ版。

IMG_2918

もちろん、レシピそのままでも十分美味しいですよ。

材料

鶏もも肉(骨付き)  ‥ 2本
マッシュルーム  ‥ 1パック
しめじ       ‥ 1パック
塩こしょう    ‥ 少々
ニンニク      ‥ 1片
オリーブオイル  ‥ 大さじ2
ローズマリー    ‥ 1本(あれば)
ステーキスパイス ‥ 一振り

IMG_2911

 

今回キーとなるステーキスパイス。普段はステーキを焼く時に使用しています。
IMG_2912

愛用のバーミキュラ。ずっしりとした重みが、存在感をより強くしています。
IMG_2913

調理手順

鶏肉に下味をつける

鶏もも肉にステーキ用ミックススパイスを擦り込みます。無ければ塩胡椒で代用可です。
IMG_2916

塩胡椒は多めくらいが丁度いいので、ミックススパイスを使った場合でも、少し振りかけておきましょう。

下味を付けたらオリーブオイルをひと回しして、5分ほど置きます。

その間にしめじの石づきを取ったり、ニンニクの皮を剥いたりしておきましょう。

鶏肉を焼く

バーミキュラを弱火で3分ほど余熱します。

そこにオリーブオイル大さじ1とニンニクを入れます。
IMG_2923

 

ニンニクが少し色づいたらバーミキュラから取り出し、鶏もも肉を皮面を下にして焼きます。美味しそうな焦げ目を付けたいので、火は中火に強めましょう。
IMG_2924

 

3分程で焦げ目が付くので、裏返してもう1分ほど焼きます。
IMG_2929

きのこ類を敷き詰める

一旦バーミキュラから鶏もも肉を取り出します。
IMG_2934

 

バーミキュラにきのこ類を敷き詰め、その上に皮面を上にして鶏もも肉を並べます。
IMG_2956

今回は家にたまたまあったローズマリーも加えました。
IMG_2940

蓋をして20分加熱

蓋をして、20分極弱火で煮込みます。これで完成。
IMG_2954

まとめ

IMG_2949
極弱火で20分火を通した効果で、鶏肉はナイフがいらない程ほろほろ。肉汁もたっぷりで、ジューシーでした。

ステーキ用のミックススパイスは味が主張しすぎないかと心配しましたが、問題無し。素材の風味と上手く共存していて、自然な風味になりました。

皆さんも無水鍋で作るジューシーロースト、是非試してみてくださいね。

今回使用した道具とスパイスのご紹介

私の愛用の無水鍋。色はパールグリーンがお気に入りです。使い込む毎に愛着が湧いてくる道具。

肉好きなら一度は使ってほしいスパイスミックスの王道。TheMeatGuyのステーキを見たら、これを使わずにはいられないはず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す