コーヒーマイスターを取得したい理由|改めて考えてみて

私は今年、コーヒーマイスターの資格取得を目指しています。コーヒーマイスターは国家資格ではないので、取得しても珈琲業界へ転職できるわけではありません。もちろん、今の仕事にも影響はしないのですが取得したい理由があります。

スポンサーリンク

日々の珈琲との関わりを強く持ちたい

私は毎日珈琲を淹れています。ただ、バリスタとして働いている方や、珈琲業界に勤めている方に比べたら、その時間はほんのわずかなものです。

それに、今私は消費者目線での珈琲しか知りません。コーヒーマイスターというサービスを提供する側を学ぶ事で、珈琲に対する考え方も変わってくるのではないかと思います。

珈琲の勉強をしたい

1の延長線上でもありますが、趣味に関連するものは「勉強」するのが難しいです。

楽しむための本や情報はあっても、勉強するためのテキストはあまりないですよね。コーヒーマイスターの資格試験は、その勉強が出来る数少ない機会だと思いました。

就職活動時代、某有名珈琲企業の面接での控え室に珈琲に関するマニュアルが何冊か置いてありました。

社内文書のようで、珈琲の淹れ方や種類、味の表現方法などがびっしりと書き込まれていました。結局その企業とはご縁がなかったのですが、あの文書は未だに忘れられません。

自分の背中を押したい

いつか珈琲業界に関わりたいと常々考えています。いつかと言っているうちは全然駄目なのですが、自分でその背中を押す手段もあるんじゃないかと思います。

どんな方法であれ、新しい世界に触れることで、考え方や気持ちが変わってくるのを少しだけ期待しています。

珈琲関連業に関わっていない方は、SCAJの個人C会員(10,000/年)に予め登録する必要があります。資格取得以前に申し込みが出来ないなんてことにならないよう、早めに会員登録を済ませておこうと思います。

ではでは〜

▶コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格
▶無事コーヒーマイスターに合格しました

スポンサーリンク
スポンサーリンク