コーヒー全般

会社員でも。コーヒーマイスター取得を目指して

コーヒーマイスターとは、一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が主催するコーヒーの認定資格です。

コーヒーに関する深い知識と基礎技術が要求されます。指定講座を受講し、認定試験に合格すると、マイスターの称号を得ることができます。

現在、日本国内に3,306(80)名いるそうです(カッコの80人はより深いコーヒーの知識を要するアドバンスド・コーヒーマイスターの人数)。
すごく少ないですね。

というのもこの認定、制定が出来たのは1999年で、毎年応募上限が200〜300人程度に限られているのです。

前から気にはなっていたのですが、申し込み時期が3月中頃のため、毎年バタバタしているうちに過ぎてしまうんですよね。SCAJのホームページによると、今年のスケジュールは以下のようになっています(いずれも東京の場合)。

募集期間:2015年3月2日(月)〜3月16日(月)
勉強期間:2015年4月〜6月
実技講習:2015年5月20日(水)、21日(木)、22日(金)のうち最低1日
認定試験:2015年7月15日(水)
 

実技と試験はどちらも平日ですので、サラリーマンの私には少し厳しいですが、有給休暇を取得できるよう全力で調整したいと思います。ちなみに、費用は約4万円です。他の認定制度に比べるとリーズナブルな部類です。

同じコーヒーの会話でも、コーヒーマイスターの話なら真剣に聞いてもらえるかもしれないので(そんなことのために取るなと言われるかもしれませんが。。)、是非取得したいと思います。

ではでは〜

スポンサーリンク



最新記事

Twitter

PAGE TOP