おいしいコーヒーをいれるために

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

私はハンドドリップ式で淹れるコーヒーが好きで、毎日淹れてます。

この方法だと、コーヒーと正面から向かい合うことが出来ているような気がするんですよね。

コーヒーに魅了されたのは偶然が重なったのがきっかけなので、周りに押し付けがましく薦めることは控える様にしています。

それでも、コーヒーを飲み始めて10年が経ち、これまでに30人程のコーヒー仲間(私が勝手に呼んでいるだけですが)ができました。

最近は、その偶然達がとても魅力的で、30人のコーヒー仲間が寄って来たのだと考えています。
その偶然達とは
1. 山浦珈琲店
2. おいしいコーヒーをいれるために
の2つです。
山浦珈琲店は新潟市にある創業47年の自家焙煎珈琲店で、市内に数店舗展開しています。そのままかじっても旨味と香ばしさを感じる豆は、それほど多くはないでしょう。備長炭で焙煎しているため、豆はふっくらです。当時コーヒーに興味を持ち、初めて入った店がここでした。

おいしいコーヒーをいれるために中川ちえさん著書の本です。この本はコーヒーを淹れているところや道具の写真が中心で、説明書きなどはそれほど詳しく載っていません。それが反って、コーヒーを淹れている人の楽しそうな気持ちやその状況を上手く伝えています。

「コーヒーを淹れること=楽しいこと」を教えてくれた本です。

コーヒーは飲むけどそこまで考えたことはないなぁ、と思ったあなた、

一度本当に美味しいコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

▼関連トピック



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

脇汗対策|Amazonでも楽天でも購入できないデトランスαって何もの?

【ランチ20選】日本橋室町で6年働いている私が、オススメのお店を紹介!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった