コーヒー器具

NC-A56-Kを4ヶ月間使って|故障やメンテナンス不要の優れもの

2014年の年末にNC-A56-Kを購入し、早くも4ヶ月が経過しました。やはり毎日使うコーヒーメーカーは、良いものを使うに限りますね。使う期間が長い程、ありがたみを感じます。今回は、毎日使っていて「良い」と感じた点と「悪い」と感じた点をレビューしていこうと思います。

スポンサーリンク

【良い点】メンテナンスや故障とは無縁

IMG_0388

今のところ使い勝手に変わりはなく、故障や誤動作もありません。

メンテナンスと言う程でもないのですが、週に一度パーツを外して水洗いをする以外は何もしてません。上蓋を外した状態でスタートをすると警告音がなるので、装着忘れの心配もありません。

これまで珈琲豆の粉を量販店で購入していた両親は、専門店で豆を購入するステップへ上がりました。環境さえ整っていれば、みんな豆から挽きたいんですよね。きっと。

一番良かったのは、コーヒー好きが増えたことかもしれません。

▶NC-A56-Kを購入。使い方と感想

【悪い点】本当に騒音だけ

朝早くNC-A56-Kのスイッチを入れると、ご近所にも響き渡るのではと不安になるほど音が大きいです。壁の薄いアパートに住んでいる方は、実物を見てから購入した方が良いかもしれません。

日本人のコーヒー消費量

話しは少し変わって。国際コーヒー機関(ICO)によると、2013年の1人あたりのコーヒー消費量はルクセンブルクが日本の8倍でした。

  • 日本       :3.51Kg
  • ルクセンブルグ:27.85Kg
  • フィンランド :12.14Kg
  • 米国     :4.43Kg

外国に比べてまだまだ少ないですよね。日本人のコーヒー消費量は、コーヒー先進国である欧米へと近づいていくと予想されます。もしかするとコーヒー豆の価格は消費者の増加とともに上昇するかもしれません。

まだコーヒーをお店で挽いてもらっているという方は、乗り遅れないうちにミルを購入した方がいいですよ。

ちなみに、手挽きのミルであれば、ドイツのザッセンハウス社がおすすめです。

▶ザッセンハウス社のミル

【2016.1.1 追記】NC-A56-Kを1年間使ってみて

何も変化がありません。本当に、誤動作一つせずに正常に動いています。前モデルのNC-A55-Kの発売が2005年ですから、メーカは5~10年は使える自信があるのかもしれませんね。

これからも安心して使っていこうと思います。

ではでは〜

スポンサーリンク



最新記事

Twitter

PAGE TOP