孤独のグルメ【真冬の北海道・旭川出張編 お正月スペシャル】の感想|新子やき,味噌汁

[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

ついにやってきました、孤独のグルメ北海道・旭川出張編。いつもはのんびりと仕事をし(気のせい?)夕方には食事を楽しんでいる五郎さんですが、年始の北海道では仕事が忙しい様子。

今回はスペシャルということもあり、2軒のお店を紹介していました。2軒と言っても台湾出張編とは違い、2日に分けてですので、どちらもいつもの大食いを見ることができます。

それにしても五郎さん、スペシャルだからと張り切ったのか、通常回よりも沢山食べていたような気がしました。

独酌 三四郎

旭川_三四郎
[提供:http://tabelog.com/]

店構えは古くからやっている居酒屋という雰囲気ですが、中は木を基調とした落ち着いたたたずまい。店主が網を使って肉や魚を焼く姿は、北国の炉端焼きといった雰囲気がぴったりです。

ホテルを出た時にはまだ明るかったのに、30分店を探した後は真っ暗になっていたのは、地方ロケのスペシャルならではのご愛嬌。

▶食べログ

スポンサーリンク

とうきび茶

とうきび茶
[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

とうきび茶とは、五郎さんが話していた通りとうもろこしを乾燥させたお茶。実を乾燥させたものと、ひげを乾燥させたものがあります。カフェインが含まれておらず、鉄分・リン・ビタミンB1などの栄養素がバランスよく取れるため、寝る前の一杯には丁度いい飲み物ですね。

 

新子やき

旭川出張編(新子やき)
[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

新子やきは、北海道旭川市の郷土料理。鶏の半身を素焼きし、タレか塩で味付けをした料理を指します。網の上で直接焼いていたので、香ばしさも抜群なはずです。東北出身の私も食べたことがあるので、北海道・東北の方の中にはご存知の方もいるのではないでしょうか。

「このタレいい。これだけで、飯50杯ぐらい食えそうだ」

と五郎さんが言ったように、甘めのタレが食欲をそそりますね。

 

きのこ汁

旭川出張編(きのこ汁)
[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

7種のきのこが入った特製汁。日本昔話でもよく登場しますよね。寒い地方では、良く食べるイメージがあります。ドロドロとしているので、身体を暖める効果があるんでしょうか。

 

手造りつけもの

旭川出張編(手造りつけもの)
[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

個人店での楽しみの一つ。お新香の味で、その店の女将さんの料理の腕が分かります。豆腐の漬物を出している辺り、三四郎の女将さんは料理が得意なんでしょうね。

 

お通しの酢大豆

旭川出張編(酢大豆)
[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

酢大豆は生活習慣病の予防効果があるなど、健康食品としても注目されています。お酢に含まれているアミノ酸は疲労回復効果もありますからね。その辺りも考慮してのお通しなのかもしれません。

 

身欠にしん焼き

旭川出張編(身欠にしん焼き)
[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

身を欠いていると書いて身欠にしん。初めて知りました。調べてみると、日持ちのしないニシンは18世紀前半には干物として食べられていたんですね。

戻した身が筋ごとにはがれやすいことから「身欠」と呼ばれるようになったそうです。「磨き」は誤記なので、間違えないように。

それにしても、メインの新子やきを頼んだ後に身欠にしんを頼むとは、五郎さんの胃袋は無限大ですね。

 

玉子焼き

旭川出張編(玉子焼き)
[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

わさびを付けて食する玉子焼き。美味しそうです。特にお弁当に入っている冷めた玉子焼きなんかに付けると、甘みと刺激が合わさって美味な気がします。

 

タレご飯

旭川出張編(タレご飯)
[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

この日の食事は一体何キロカロリーなんでしょうか。でも、目の前にあんなに美味しそうなタレがあれば、お願いしてしまうのがグルメ好きの性ですよね。日本酒を飲んだ後の〆にも絶対にピッタリですよね。

 

かぼちゃの煮物

カボチャの煮物
[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

女将さんが作ってたカボチャの煮物をお裾分け。個人経営の店ならではの計らいですね。具として昆布も入っています。北海道では、にしんや大根の煮物にも、昆布が具として入っていることが多いようです。日本の昆布の95%が北海道で生産されているだけありますね。

 

自由軒

自由軒
[提供:http://tabelog.com/]

翌日のお店は、またまた雰囲気のある居酒屋風の自由軒。旭川らしさはありませんが、それでも五郎さんはメニューに惹かれて入店します。

▶食べログ

味噌汁-ライス付き

旭川出張編(味噌汁 ライス付き)
[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

東京で味噌汁ライス付きといったら、セットメニューと思うのは当たり前でしょう。ただこの店は違います。丼よりも大きな器に入った味噌汁がおかず代わりなのです。あれだけ汁を飲んだら、お腹はタプンタプンですよね。

「これはうまい味噌汁だ。汁というより、もはやおかずの域だ」

五郎さんも満足のご様子。

カニクリームコロッケとホッケフライ

カニクリームコロッケとホッケフライ
[提供:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

五郎さんが食べると普通の量に見えますが、かなりのボリューム。基本メインのおかずは2品必要なんですね。五郎さん。

店を立つ直前に別の席で注文が入ったわらじ焼肉。五郎さんは実物をお目にかかることはできませんでしたが、実際はこんな感じです。肉のボリュームに圧倒されますね。

まとめ

ついにスペシャルを含めて見納めとなってしまったシーズン5。次の放送はまだ未定ですが、シーズン6の放送を気長に待とうと思います。

孤独のグルメはアマゾンのプライム会員になると無料で観ることができるので、見逃した回がある方はすすめです。今なら一ヶ月無料キャンペーンもやっているみたいですし。

私は焼肉回が好きなので、たまに見返す時などに利用しています。

ではでは〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す