孤独のグルメSeason5 第11話『アメリカンソースのオムライスとカキのムニエル』の感想

[画像出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

舞台は埼玉県越谷市せんげん台。

今回のグルメはアメリカンソースのオムライスとカキのムニエル。アメリカンソースと聞いてもピンときませんでしたが、ドラマを見たら『これか!』という感じになりました。ブルスケッタやぶどう味のお酢ドリンクなど、サイドメニューまで魅力満点の一話でしたね。

ドラマのゲストはタレントで女優のYOUさん。
感の鋭い怪しげなカラオケスナックのママとして登場しました。

今回は前振り(?)のドラマ部分は短め。それだけ食事のシーンを多くしたいということでしょうか。

スポンサーリンク

洋食屋 厨 Sawa((くりや))

一見、普通の一軒家と間違えてしまいそうな店構え。五郎さんもうっかりクライアント先だと勘違いしていました。

お酢ドリンク・水割り(ぶどう)お酢ドリンク・水割り(ぶどう)[画像出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

ぶどうを漬けたお酢を水で割った一品。余り馴染みが無いかもしれませんが、ぶどうやお酢や蜂蜜などに漬けても美味しいんですよね。(余談ですが、私はぶどうを漬けた蜂蜜を水で割って飲むのが好きです。)

 

ブルスケッタブルスケッタ[画像出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

フレッシュトマトの色合いが見事です。

「ニンニクが食欲を
燃え上がらせる。」
「トマトとパンが
それをなだめている。
これ以上無い前菜だ。」

ブルスケッタはイタリア料理の前菜としては定番の一品。名前の由来はローマ地方の方言で「炭火であぶる」を意味するブルスカーレから来ているそうです。

 

ブルスケッタの作り方は凄く簡単!

オリーブオイルを少々塗ったバケットをトーストで軽く焼いた後、ニンニクをこすりつけます。

具材としてではなく、ニンニクの香りを楽しむんですね。

その後は、トマト、オリーブオイル、塩、黒こしょう、バジルを混ぜた具材をバケットに乗せれば完成です。 イタリア料理の基本食材をバケットに詰め込んだ一品ですね。

 

カキのムニエル カキのムニエル[画像出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

「本当にうまい… 誰もいなかったら、泣くかも。 焦しバターのソース、 ヤバすぎる!」

今回の五郎さんは、テレビ用ではなく、心の底から美味い!と叫んでいた様に見えました。

今までで一番かもしれません。 確かにカキも大ぶりで、焦がしバターという言葉も食欲をそそりますよね。あー食べたい!  

 

アメリカンソースのオムライス アメリカンソースのオムライス[画像出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

このお店の看板メニュー。

1680円と少しお値段は張りますが、それでも一度は食べてみたいですね。

アメリカンソースとはフランス料理で使われるソースの一つ。アメリケーノとも呼ばれるそうです。

勢海老の旨味をたっぷりと含んだトマトベースのソースで、バター、香味野菜、白ワインの風味も加わった濃厚なソースです。

ソース作りも手が込んでいますね。  

 

自家製ババロア(黒蜜きなこ) 自家製ババロア(黒蜜きなこ)[画像出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/]

この組み合わせはもう間違いナシです。

アイスとの組み合わせはよく見かけますが、冷たすぎない分、味をしっかりと感じられそうです。

 

厨 Sawa((くりや))のお店情報

関連ランキング:洋食 | せんげん台駅

スポンサーリンク

コメントを残す