世界は小麦でできている【グルテンフリーな生活】

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

2017年の初めからグルテンフリーな生活を始めて、早くも3ヶ月が経ちました。始める前は

「そんなの絶対に無理だろう」

と思っていましたが、意外と続いています。

グルテンを抜いてみて感じたのは、外で口にする多くの食品にグルテン(小麦)が含まれているということです。今まで何気なく利用していたコンビニでも、サンドイッチやパンはもちろん、スイーツコーナーや弁当、カップラーメンに至るまで、ほとんどの食品にグルテンが使われています。

そのせいもあってか、この3ヶ月でコンビニを利用したのは10回ほど。今までは毎日使っていたので、1/10程度になりました。ダイエット効果もあったグルテンフリー生活ですが、実はコンビニに寄らなくなったからでは?とも思っています。

スポンサーリンク

穀物が占める食料の比率は年々増加している

下の表は、農林水産省のホームページから閲覧できる、世界の穀物消費量の推移です(米、小麦、とうもろこし、大麦他)。

出典:農林水産省ホームページより

穀物の消費量は年々増加しているんですね。これはコンビニがグルテンだらけになるはずです。


出典:農林水産省ホームページより

ただ、穀物の中でも、特に増加しているのはとうもろこしのようです。米や小麦はここ数年一定量で推移していますね。

米や小麦は人間が生きていく上で欠かすことのできない食材です。私は小麦を控えることを選んだので、米を美味しく食べていこうと思います。

その1:【ダイエット】2017年はグルテンフリーとバターコーヒーに挑戦2
その2:【効果検証】一週間のレシピ|グルテンフリー生活中の食事を公開
その3:【体調改善】グルテンフリー生活を2週間続けたら-2Kg減
その4:グルテンフリー生活を始めて1ヶ月|体調と気持ちの変化など
その5:グルテンフリー生活を3ヶ月続けてみた結果|これで痩せないわけが無い

スポンサーリンク

▼関連トピック



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

脇汗対策|Amazonでも楽天でも購入できないデトランスαって何もの?

【ランチ20選】日本橋室町で6年働いている私が、オススメのお店を紹介!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった

コメントを残す