クイジナート(Cuisinart)のミル付きコーヒーメーカーでバターコーヒー

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

皆さんは、海外の一軒家にあるような巨大なコーヒーメーカーに憧れたことはありませんか?

私は業務用の、豆が沢山入るコーヒーメーカーに昔から憧れていました。

こんなコーヒーメーカーが家にあったらなぁ

 

なんて思っていたところに、たまたまこのクイジナート(Cuisinart)のコーヒーメーカーを知り、即決で購入しました。

関連記事:タイマー付きコーヒーメーカーで朝からコーヒーの香りを楽しもう

6ヶ月も使うと、大容量ならではの良い点はもちろん、アメリカ製らしい豪快な部分もわかってきました。

今回はそんなクイジナート(Cuisinart)のコーヒーメーカーをレビューします。

スポンサーリンク

大容量のコーヒー豆タンクは、毎日飲む人には超便利


クイジナートを買うまで、私は朝のコーヒーは職場で飲んでいました。

朝起きてすぐ豆を挽き、ドリッパーを準備し、お湯を沸かすといった工程が面倒で面倒で。

休日なら優雅にドリップコーヒーをいただきたいところですが、平日の朝からバタバタするのも疲れますよね。

その点、クイジナートなら、豆を挽くのもお湯を沸かすのも自動、さらにゴールドフィルターなので、ペーパーフィルターを準備する必要もありません。

コーヒー豆も200gまで事前に入れておくことができるので、水を入れたらボタンを押すだけです。

この工程の少なさは、おそらく市販のコーヒーメーカーの中でトップだと思います。

私みたいに面倒くさがり屋だけど朝のコーヒーは飲みたい人には打って付けです。

バターコーヒーとの相性が抜群

昨年はバターコーヒーダイエットが流行りましたよね。私もとりあえず試してみたのですが、朝からバターコーヒーを作るのが面倒で、1ヶ月も経たずに諦めてしまいました。

関連記事:グラスフェッドバターで美味しいモーニングバターコーヒーを

その後はすっかりバターコーヒーのことを忘れていたのですが、クイジナートのコーヒーメーカーを使っている時に、あることを思いつきました。

こんなに楽にコーヒーが淹れられるなら、バターコーヒーも作れるんじゃない?

 

そこで早速バターコーヒーを再開してみました。ちょうど新年が始まった頃です。

 

必要な器具はもう揃っているので、あとはグラスフェドバターとMCTオイルを購入するだけ。

ただ、以前バターコーヒーを飲んでいた時に、MCTオイルでお腹を壊したことがあったので、今回はココナッツオイルに変えてみました。

ちなみにグラスフェッドバターはいつもAmazonで2個ずつ購入しています。その方がかなりお得です。

クイジナートのコーヒーメーカーは、ペーパーフィルターを使わないため、コーヒーの油分もしっかりと抽出されます。この点も、バターコーヒーとの相性がいいですよね。

唯一残念なのは魔法瓶の口径

最大12カップ用なので注ぎ口が広く、そして大きいです。

そのため、最小の2カップ分で淹れると、魔法瓶を180°下に向けないと、最後までコーヒーが出てきません。しかも横からチョロチョロとこぼれてしまう。

こればっかりは大容量タイプなので仕方がないのですが、できれば少量タイプ用の魔法瓶も販売してほしいなぁと思います。もちろん、お金は払いますので。

私がバターコーヒーを作るときに使うアイテム

私がバターコーヒーを作るときに使っているアイテムたち。

ココナッツオイルは近くのカルディで購入していますが、他は全部通販。運送会社の人には申し訳ないとは思いつつも、便利なのでついいつも使ってしまいます。

スポンサーリンク

▼関連トピック



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

脇汗対策|Amazonでも楽天でも購入できないデトランスαって何もの?

【ランチ20選】日本橋室町で6年働いている私が、オススメのお店を紹介!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった

コメントを残す