高い豆も腕も不要!コーヒーを劇的に美味しくするミネラルウォーターの条件

「どんな水でコーヒーを淹れたら一番美味しいか」

コーヒー好きの方なら一度は試行錯誤した経験があると思います。

最近ミネラルウォーターにハマったことがきっかけで、美味しいコーヒーを淹れるために最適な水は何だろうと考えるようになりました。

今回は、自分なりにコーヒーと水について調べたので、まとめてみました。

スポンサーリンク

コーヒーの99%は水

bottles-60466_640
コーヒーの世界では、一杯のコーヒーを美味しく淹れるために、数多くの器具や淹れ方が存在します。淹れ方一つとってもハンドドリップ、エアロプレス、サイフォン、エスプレッソ、水出しコーヒー、等様々です。

さらに、ハンドドリップでもドリッパーごとで味が変わるため、コーヒーの淹れ方は無限にあると言ってもいいかもしれません。
[参考記事:カリタ、メリタ、ハリオ、コーノ式。あなたはどのドリッパーを使っていますか?]

ただ不思議なことに、どんな水を使えば一番美味しいコーヒーを淹れられるかという話は、それほど耳にしません。

「もちろん、美味しい水を使うこと」

きっとこれが正解なんだと思うのですが、では、具体的にコーヒーに合う美味しい水とはどんな水なんでしょうか。

軟水と硬水、どっちが美味しい?

questions-1014060_640
軟水と硬水の違いは、水の中に含まれているマグネシウムとカルシウムの含有量の違いです。市販のミネラルウォーターには必ず硬度という表記があり、日本では100未満を軟水、300以上を硬水と呼んでいます。

ハンドドリップで淹れるコーヒーは軟水が美味しいと言われています。それは、軟水だと素材の成分が水に溶け出しやすいためです。

反対に、エスプレッソや深入りのアイスコーヒーの場合は、硬水が合います。エスプレッソの本場イタリアでは、水道水の硬度が200以上あり、日常的に扱う水のほとんどが硬水です。硬水で淹れたコーヒーは苦み成分が抑えられるので、エスプレッソやアイスコーヒーなど、濃く抽出する飲み方に向いています。

ちなみに、日本で採取されるミネラルウォーターのほとんどは軟水です(沖縄では硬水の方が多い)。そのため日本人は硬水に慣れていない人が多く、お腹を壊す人もいます。硬水も飲み続けると慣れてくるので、どうしても硬水が飲みたい方はエビアンで身体を慣らしてから挑戦すると良いと思います。

各国の料理文化と水

beef-897977_640
実は、日本でダシの文化が栄えたのも軟水が関係しています。軟水は食物の成分を水に溶かしやすいため、ダシが出やすいんです。

反対に、ヨーロッパの煮込み料理は硬水の特徴を利用しています。例えばポトフは、素材の味が水に溶け出しづらい硬水だからこそ、肉や野菜の味が失われません。

また、洋風だし(スープストック)は牛骨などの動物系の素材がメインです。硬水の中に含まれるカルシウムは、素材から出る雑味と結びついて”アク”になります。軟水だと雑味も水に溶けてしまいますが、硬水だと取り除くことができます。

これも、硬水だからこそ発展した料理文化なのかもしれませんね。

良い水で淹れたコーヒーには油が浮かない?

coffee
良い水と一言で言っても、その定義は様々です。「美味しい」というのは主観的ですし、「硬度」も高ければ良いわけでもなく、逆に低ければいいというわけでもありません。

水に関する名書である松下和弘氏の著書「ミネラルウォーター完全ガイド」によれば、良い水の定義は次の通りです。

  • 酵素活性を高める水
  • 油を溶かす力のある水

酵素活性を高める水

最近は酵素ダイエットが女性の間でブームになっています。人間の体内には約3,000種類もの酵素が存在しており、その酵素を摂取し、活性化させることで代謝を良くするというものです。

この本では、酵素の中でも特に活性酸素(身体を酸化させる、老化の原因と言われている)を除去する酵素を活性化させる水を「良い水」と定義しています。

油を溶かす力のある水

水と油が混ざる現象を乳化と言います。これは、界面活性剤という乳化を助ける成分を加えることにより起こる現象です。実は、界面活性力は水にも存在します。良い水は水道水の2倍以上の界面活性力を持つという実験結果が報告されているようです。

ちなみに、この油を溶かす力は、水を飲んで痩せるというミネラルウォーターダイエットにも効果があります。食後に黒ウーロン茶を飲むような感じでしょうか。

まとめ

今回コーヒーと水の関係を調べてみて、2つのことがわかりました。

  1. コーヒーは軟水で淹れた方が味が抽出される
  2. 良い水で淹れたコーヒーには油が浮かない

この2つが当てはまる水で淹れたコーヒーが美味しいかどうかは、今度試してみようと思います。

ではでは〜

スポンサーリンク

コメントを残す