コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

コーヒーが好きになってくると、「何か資格をとってみたいなぁ」と考えたことはありませんか?

実はコーヒーに関する民間の資格は、資格の中でも特に充実していてる分野です。趣味の延長で資格を取得している人が多いんですね。

スポンサーリンク

コーヒーに関する資格のいろいろ

インターネットで少し調べてみただけでも、これだけの資格が見つかりました。

  • カーサバリスタ
  • コーヒーソムリエ
  • コーヒースペシャリスト
  • コーヒーインストラクター
  • コーヒーコーディネーター
  • コーヒーマイスター

どの資格も少しずつ対象とする層が異なるので、資格毎に身につけられる知識が違うみたいですね。

今回は数ある資格の中でも有名どころであるコーヒーマイスターについてまとめてみました。

コーヒーマイスターとは?


日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が認定する資格です。日本で初めてプロのコーヒーマン向けに設定されました。2016年12月時点での資格保有者は4,211名です。

合格者は年間400~500人ほどいるようです。この数だけ見ても人気のある資格だということがわかりますね。

ちなみに、SCAJではアドバンスド・コーヒーマイスターという中級資格も設定されています。

受験資格はSCAJの会員であること

SCAJの会員へは、コーヒー業界に従事しているか否かによらず入会できます。コーヒー関連の業務をしている方は会社経由だと思いますが、私のような普通のサラリーマンであれば個人での入会になります。

個人会員には以下の3つの区分があります。

個人会員A・・・(30,000円/年) 以下のB,Cを除く個人会員
個人会員B・・・(20,000円/年) 起業予定者、一年限定、延長不可
個人会員C・・・(10,000円/年) コーヒー関連業に携っていない個人の方

普通の方であればCかA会員

年会費だけでみると、私のような立場だと「そりゃ一番安いC会員だろう」と考えます。実際それでいいんですが、一つだけ制限があります。

注意事項
コーヒーマイスターの申し込みは定員が決まっており、他の区分の会員で定員が埋まった場合は、C会員の人は申し込み自体ができません。C会員は受講申し込みの優先度が一番低いんです。
おじさん
えっ!そうなの?

そうです。年会費を払って入会したのに、申し込みすら出来ない可能性があるのです。本当に心配性の方は、A会員になっておいてもいいかもしれません。

私はキャンセルが出たため、なんとか申し込みすることができました。

必要費用は¥49,420円から

savings-box-161876_640
コーヒーマイスターになるには、申し込み費用(39,420円)+会員年会費がかかります。

コーヒーに関する資格試験の中では、ちょうど中間くらいの位置付けです。

試験内容は筆記テストが100%

筆記試験の前には実技講習がありますが、こちらはよほどのことが無い限り(暴れる、文句をつけるとか)皆修了できます。

テストは筆記式で、100点満点で60点以上を取れば合格です。

コーヒーマイスターに申し込んだ時に送られてくるテキストを必死に勉強すれば、普通のサラリーマンでも合格は夢じゃありません!!

▶コーヒーマイスター試験対策!テキストを最大限に活かす方法

コーヒーマイスターの前に

コーヒーマイスターは、その名の通りコーヒーに関する専門知識が求められます。ゼロから勉強するとなると、かなりのモチベーションが必要です。

そんな方には、次の資格を取得することをオススメします。

  • コーヒースペシャリスト資格取得講座

コーヒーの資格の登竜門として最適!最短1ヶ月で取得出来る点もこの資格の魅力コーヒーマイスターになるための基礎知識を付けるステップとして、丁度いい難易度の資格になっています。

また、コーヒースペシャリストのすごいところは、完全スマホ対応であるところ。通勤中にも気軽に試験勉強ができます。

ただ単に、コーヒーの知識を深めたいという方にとっても、良い教材だと思いますよ。

  • コーヒー&紅茶カフェマスター

コーヒーと紅茶、二つの知識をまとめて習得したい方にはこちらがおすすめ。資格取得までは4ヶ月かかりますが、その分手厚いサポートが魅力の資格です。

まとめ

  • コーヒーマイスターは日本スペシャルティコーヒー協会が認定する日本初の資格
  • 受験資格を得るには、個人会員CかAに入会する必要がある
  • 必要費用は¥49,420~69,420円
  • 筆記試験は60/100点以上で合格、追試もあり(要追加費用)

 

私はコーヒーマイスターの資格をとったことで、よりコーヒーに興味を持つ事ができたと感じています。資格を持っているからといって何か変わることはありません。

喫茶店で豆の産地をみた時にその国の栽培方法を考えてみたり、コーヒーの説明が上手な店員さんと話した時などに、

mongome
あ、昔よりコーヒーの事を考えているかも

と思います。

皆さんも、コーヒーの奥深さを知るために資格を取ってみても面白いですよ!

ではでは〜

関連記事:通信講座で取得できるカフェの資格|コーヒー&紅茶カフェマスター

関連記事:早い!安い!期間が短い!初めてのコーヒースペシャリスト資格講座

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す