コーヒーの資格

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

私は昨年の2015年、コーヒーマイスターの資格を取得しました。

▶無事コーヒーマイスターに合格しました

資格取得の勉強では、分厚いテキストを読みつつ練習問題を解いたりして。久々に本格的な試験勉強をしました。

試験勉強はご無沙汰だったので、かなり苦戦。。

当時は苦手な暗記問題とか、かなり頑張りました。でも、コーヒーマイスターの資格を取ってからは、勉強がおろそかになっている気がします。

 

コーヒーの資格は沢山ある。

コーヒーマイスターの資格を取った後、「他の資格ってどうなんだろう」と気になる様になりました。

資格は持っていれば良いわけではなく、それを取るための勉強だったり、取った後の取り組みだったりが重要です。それは分かっているですが、どうしても気になる。

今回は、今気になっている資格「コーヒースペシャリスト」とコーヒーマイスターの違いについて比較してみました。

スポンサーリンク

コーヒーマイスターの基本情報

コーヒーマイスターとは、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が認定する資格です。

日本で初めてプロのコーヒーマン向けに設定された試験ということもあり、資格の中では老舗の位置づけです。2015年12月時点での資格保有者は3,766名、思った程有資格者は多くありません。

必要費用は¥49,420円からで、試験の他に、実技研修が1日あります。場所は東京、神戸、福岡と選べるので、地元に会場が無い方でも、旅行がてらに参加できる場所ですね。

試験は筆記100%。100点中60点以上で合格です。

コーヒーマイスター試験対策!テキストを最大限に活かす方法

私はかなり苦戦しました。。

コーヒースペシャリストの基本情報

一方、コーヒースペシャリストはFormieという団体が認定している資格です。コーヒーの知識から抽出方法やカフェ開業など、コーヒーのこと以外も幅広く学ぶことができるのが特徴。

Formieは割と新しい資格サービスで、コーヒー以外の資格も含め、総受講者数は3,300人ほどのようです。これからメジャーな資格団体になっていくのかもしれませんね。

必要経費は38,000円。実技研修もなく、試験もオンライン上で実施できるので、交通費もかかりません。時間の無い方にはコーヒースペシャリストの方がありがたい。(時間がないのに資格が取りたい人がいるかはさておき)

ちなみに、試験の合格ラインや合格率は非公表のようです。

その代わりに、無料の体験受講が出来るそうなので「気になるけど怪しいな〜」と思った人でも安心です笑。

違いその① 試験範囲の違い

コーヒーマイスターとコーヒースペシャリストでは、試験の対象範囲がずいぶんと異なります。

コーヒーマイスターの試験範囲
コーヒーマイスターの試験では、まずコーヒーの歴史から入ります。どのような経路や歴史的事情でコーヒーが世界中に広まったのか、嗜好品になる前のコーヒーの扱いなど、知識として学ぶだけでも面白い内容が詰まっています。

他にも、コーヒーの産地や、生豆からコーヒーになるまでの処理方式の説明や、コーヒーにおける経済効果など、コーヒーに関するほぼ全てを網羅しています。

その分、試験勉強も大変なんですけどね。

コーヒースペシャリストの試験範囲
コーヒースペシャリストの試験では、より実用的な範囲が出題されます。例えば、ハーブやスパイスを混ぜたアレンジコーヒーの作り方や、コーヒーをより楽しむためのフードペアリング理論など。

他にも、カフェ開業に必要な知識やノウハウなど、コーヒーに関わる周辺知識が問われます。

違いその② 試験内容の違い

コーヒーマイスターの試験には、選択式の問題もいくつかありますが、基本は記述方式です。

そのため、何となく分かっていても回答ができないのが辛いところです。

一方コーヒースペシャリストは試験方式を公開していませんが、ウェブ試験なので、恐らく選択問題が中心でしょう。

関連記事:早い!安い!期間が短い!初めてのコーヒースペシャリスト資格講座

まとめ

調べてみると、同じ”コーヒー”がつく資格でも結構コンセプトが違うということが分かりました。

資格の内容や難易度はホームページなどに記載がありますので、ご自分の状況に合った資格を選ぶのがいいと思います。

コーヒーの知識が身につくと、今まで飲んでいたコーヒーも、また違った味わいになることでしょう。

関連記事:【まとめ】コーヒー・カフェの資格|バリスタにおすすめ

スポンサーリンク



最新記事

Twitter

PAGE TOP