コーヒー全般

コーヒー嫌い全員集合!僕がたった5分でコーヒー好きにしてあげます。

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

皆さんは自分がいつからコーヒーを好きになったのかを覚えていますか?

物心ついた時から好きだった人もいれば、社会人になって渋々飲んでいるうちに好きになった人、偶然美味しいコーヒーと出会って、そこから一気に好きになった人など。色々なタイプの方がいると思います。

僕がコーヒー好きになったきっかけはシンプル。
当時アパートにコーヒーメーカを置いている友人がいたんですが、それがとても大人で、そしてカッコ良く見えたんです。

その当時僕は19歳。そんなことに憧れるなんておこちゃまかもしれませんが、それだけコーヒー=大人というイメージを持っていました。

それからはや十数年。すっかりコーヒー好きが板についてきました。

今回は、どうして私がこんなにコーヒーが好きなのか、自分で振り返ってみようと思います。コーヒーが嫌いな方は、この記事を読んで好きになってくださいね。

スポンサーリンク

味と香り

コーヒーの味
まずはこれ。やっぱり味と香りが好きじゃないのにコーヒーが好きだ!とは言えません。コーヒー豆を焙煎している時の香ばしい香りに包まれながら飲むコーヒーは格別です。

今の話しを聞いても、コーヒーが苦手な方なら

「コーヒーってまずいじゃん」
「コーヒーは苦い」
「ミルクと砂糖を入れないと飲めない」

と思った人もいると思います。

でも、本当に美味しいコーヒーを飲めば、どんな人でも必ず好きになると信じています。

この台詞、グルメキャラの人が良く言いますよね。「本当のウニは臭みが全くないんだよ。それを食べれば絶対に好きになる」なんて。僕の周りにもこのタイプの方はいます。正直、結構面倒くさいです。

それでも僕は、敢えて言います。美味しいコーヒーを飲めば、必ず好きになります。

喫茶店は出会いの宝庫

といってももちろん異性のことではありません。コーヒーです。

コーヒー初心者の方が、ゼロから器具を集めて、家で美味しいコーヒーを淹れるのは結構難しいことです。

どの器具が良いかも分かりませんし、正しい淹れ方もネット頼りでは身に付かないでしょう。

そんな方におすすめなのは、喫茶店を巡ることです。それも、個人経営の喫茶店限定です。

都心部にはスターバックスドトールなど、美味しい喫茶店が多くあります。ただ、これらのチェーン店は味とサービスは安定していますが、感動するような美味しいコーヒーを提供する店ではありません。

特に東京では喫茶店はコーヒーを楽しむというより場所を提供するための店になりつつあります。そのため、安くて居心地の良い店に人が集まる傾向があります。

家や職場の近くに気になる喫茶店があれば、ぜひ勇気を出して入ってみましょう。

淹れ方を楽しめる

コーヒーの淹れ方
コーヒーには、他の嗜好品とは比べ物にならない程淹れ方のバリエーションがあります。

例えば、思いつくだけでもこれだけ多くの淹れ方が存在します。

  1. ペーパードリップ
  2. ネルドリップ
  3. 水だしコーヒー
  4. サイフォン
  5. フレンチプレス
  6. コーヒーメーカー
  7. エスプレッソ

コーヒーの粉体から出るエキスをお湯で抽出するだけなのに、これだけ多くの淹れ方があるんですから驚きですよね。

紅茶や緑茶も淹れ方や作法はいくつかりますが、使う器具も含めてこれだけ種類がある嗜好品はコーヒーだけです。

▶カリタ、メリタ、ハリオ、コーノ式。あなたはどのドリッパーを使っていますか?

ワインやウイスキーとは楽しみ方が違う

大人の嗜好品と言えば、ワインやウイスキー。この二つも拘る人はとことん拘りますよね。

自分でワインセラーや倉庫等を購入する人もいるみたいです。でも、この二つとコーヒーの決定的違いは、本人の裁量で味を変える要素がほとんどないところです。

ワインやウイスキーは、数えきれない種類があり、その中から自分に合う味を見つける行為そのものを楽しめる嗜好品です。

でも、一旦手に入れてしまえば、後は飲むだけ。飲み方は一つではありませんが、最高のワインやウイスキーは、そのまま飲むのが一番でしょう。

それに比べてコーヒーは、淹れ方やお湯の温度が味に大きく影響を与えます。良い豆を手に入れた後も、楽しみは続きます。その豆をどう美味しいコーヒーに変化させるかを考えるのも、コーヒーの醍醐味ですよね。

世界とのコミュニケーション

コーヒーのコミュニティ
コーヒー程、世界各国、老若男女に好かれている飲み物はありません。アメリカに行ったときも、現地の人と一緒に飲むのは決まってコーヒーでした。

初対面の人でも、コーヒー好きだと分かると、距離が一気に縮まります。

これから世の中はどんどんグローバル化していきます。どこに行っても話題となるコーヒーは、仕事面でも活躍してくれるはずです。

▶時代は早くもフォースウェーブ!? 2016年のコーヒー業界トレンド

まとめ

私がコーヒーを好きな理由3つをご紹介しました。

  • 味と香りが好きだ
  • 淹れ方を楽しめる
  • 世界とのコミュニケーション

この記事を読んで少しでもコーヒーに持ったあなたは、きっと明日から喫茶店が気になり始めるはずです。

ではでは〜

スポンサーリンク


関連記事

  1. スターバックスVSドトール|週7で喫茶店に通ったから分かる細かな…
  2. ブルーボトルコーヒーの豆を自分で淹れてみました
  3. 家カフェvsコンビニコーヒーの闘い|次に来るコーヒーブームは?
  4. コーヒーマイスターを取得したい理由|改めて考えてみて
  5. 風邪の日にコーヒーを飲む|効果的な飲み方や注意点など
  6. 2015年のコーヒーを振り返る|Googleキーワードプランナー…

おすすめ記事

孤独のグルメ Season 6はいつ頃放送されるのか|製作開始時期の予想など

出典:孤独のグルメよりこんにちは、井之頭五郎ファンのmongomeです。2015…

おすすめのミネラルウォーター|日田天領水が宅配で届く一人暮らし生活

最近はミネラルウォーター、それもお気に入りの銘柄日田天領水を愛飲しているmongomeです。…

放送決定!孤独のグルメスペシャル 東北・宮城出張編 ~気になるお店は

出典:テレビ東京こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。いや〜、ついに決…

煙がでない燻製の作り方|スキレットでスモークベーコンとカシューナッツ

「自宅でベーコンとチーズの燻製を作る」ビールとウイスキーが好きな方なら、一度は考えたことがあ…

コーヒーが苦手な人でも飲める!コーヒー嫌いを克服する3つの方法

「コーヒーは苦手だけど克服したい」「美味しそうに飲んでいる人が羨ましい」いつもは砂糖…

最新記事

Twitter

PAGE TOP