ギフト・プレゼント用に最適|おすすめのおしゃれコーヒー器具4選

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

僕が家でコーヒーを淹れ始めて、もう10年以上。これまでたくさんのコーヒー器具を購入したり使ったりしてきました。

前回、コーヒー器具の入門編として[【まとめ】初心者でも使いこなせるおすすめのコーヒー道具たち]をご紹介しましたが、今回はワンランク上のこだわりの器具をご紹介します。

入門編に比べると多少値は張りますが、コーヒー器具って実は割安なんですよね。だって気に入った道具ならほぼ一生ものです。

僕のお気に入りのザッセンハウス社のコーヒーミル(サンホゼ)は、かれこれ9年近く使ってますが、全く劣化がありません。むしろ、年々味が出てきています。やっぱり、買うからにはこれくらい長い間使ってほしいですよね。

スポンサーリンク

ザッセンハウスミル ラパス

コーヒーの味や風味に妥協したくないという方は、このミル一択でいいと思います。ほんとに、一度回したら良さがわかります。

それだけの情報じゃ~ね。という方は、ぜひ販売店に行って回してみるて!一度触ると分かります。挽いた時の安定感と回しやすさは、他のミルとはひと味違うんです。

僕の大学時代の友達にも、ずっとカリタのクラシックミルを使っている人がいたんですが、このラパスに変えてからはコーヒー好きが加速したようです。それだけ、道具が与える影響って強いんですよね。

 

エアロプレス

エアロプレスはここ1~2年ですっかりメジャーになったので、聞いたことのある人も多いんじゃないかと思います。空気の力を利用して、コーヒー成分を抽出するタイプのコーヒーメーカですね。

この特徴は、安定して美味しいコーヒーが淹れられるところです。ハンドドリップだと個人の力量が味に影響しますが、エアロプレスならお湯の温度と分量、抽出時間さえ間違えなければ、だれでも同じ味を出せます。

ただ、一度プラスチック製の器具に入れるので、出来上がりの温度は若干低いです。猫舌の僕には丁度いいんですけどね。

 

カリタ 銅ポット

これは、面倒くさがり屋には向いてません。

なぜかって?

サビやすいからです。

銅は柔らかいので、注ぎ口などを自分で加工できるところがメリットです。市販品ではできない細~いお湯も、銅製のポットなら楽々注げます。

でも、1週間もほおっておくと、サビはじめます。使った後に水を拭いたり、日々の手入れに自信のある方は、買うべき一品です(僕は途中で挫折しました。。)

 

キントー コーヒーカラフェセット

KINTOは「SLOW COFFEE STYLE」という言葉をキーフレーズとしたインテリア雑貨の企画・開発企業です。

見た目から想像できるように、生活スタイルをワンランク上げるおしゃれ雑貨を取り扱っています。

このカラフェセットは、ハンドドリッパーでは珍しく、ペーパーフィルタがありません。

普段はフィルタで取り除かれてしまうコーヒーの油分まで、残さず抽出できる優れものです。

おしゃれなだけで実用性の無い雑貨はたくさんありますが、KINTOは実用性にも優れているので気に入っています。

 

最後に

コーヒーはどんなに良い道具を揃えても、入れる人の気持ちと、何より美味しい水が揃っていないと最高の一杯を淹れることはできません。

道具を揃えたら、美味しい水を使って心を込めて淹れてみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す