コーヒー全般

珈琲のバイヤーになるためにはどうしたらいいのでしょうか。

新卒の時、珈琲関連の企業の採用試験を受けました。採用試験に全滅してからは普通のエンジニアとして働いている私ですが、最近本当にこれでいいのかという想いが強くなってきました。きっかけはコーヒーマイスター取得のために参加したカッピングセミナーでのお話を聞いてからでしょうか。

講師の方はまさにそのバイヤーをしていて、現地農園でのテイスティングや交渉時の写真もいくつか見せてもらいました。これまではイメージでしかなかった珈琲のバイヤーという職業が、初めて現実的に知れた瞬間でした。

最近は転職市場も活発ですが、珈琲のバイヤーってどうやってなるものなのでしょうか??

就職活動中も、バイヤーになりたいと企業の採用担当の方に話した事があったのですが、明確な回答はもらえなかった記憶があります。
大手珈琲企業に入社してそのような部署に配属されればいいのでしょうか?
バイヤー集団がいる輸入専門の会社に入社すればいいのでしょうか?
また、求められる能力は何なのでしょうか?

珈琲への興味、英語(または中南米の母国語)、しっかりとした味覚などは考えつくのですが、それが揃っていたとしても皆がなれるとは思えません。他の業種と比べて何十万人も必要な職業ではないため、転職サイトの求人にもほとんど掲載されないんですよね。
珈琲のバイヤーになる方法、有識者の方がいれば是非教えてください。。

スポンサーリンク



最新記事

Twitter

PAGE TOP