コーヒー器具

「いる・いる」でコーヒーの自家焙煎!入れ方はハンドドリップで

さっそく焙煎した豆で珈琲を淹れてみました。

 


焙煎したことで、生豆よりも2割程度体積が増えています。


初めの蒸らしです。いつもよりも膨らみます。焙煎したてなので、炭酸ガスを多く含んでいるんですね。


30秒程蒸らしたら、お湯を淹れていきます。


淹れている時の香りが、いつもよりも心無しか強いです。


Cpicon おいしい珈琲の淹れ方(ハンドドリップ式) by mongome

香りは爽やかで強く、口に入れた時の最初の印象はエスプレッソを飲んでいるかの様に濃厚です。
まあこれは豆の量が少し多かったせいもありますが。
とにかく、これから「いる・いる」を使い倒していこうと思います。

スポンサーリンク



最新記事

Twitter

PAGE TOP