コーヒー全般

抽出の適温は?コーヒーは85° 紅茶は95°で淹れるのが美味しい

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

コーヒーと紅茶は世界で最も飲まれている飲料の一つですが、抽出する際のポイントは少しだけ異なるんですよね。

それは、豆を砕いて抽出するコーヒーと、茶葉を乾燥させて抽出する紅茶の違いでもあります。

今回はコーヒーと紅茶、それぞれの抽出方法について調べてみました。

スポンサーリンク

紅茶は95~98°のお湯で抽出

tea-438480_640

紅茶を淹れるときのキーワードはジャンピング。自分で紅茶を淹れる方ならご存知の方も多いはず。

ジャンピング
茶葉がティーポットの中で上下に踊る動き。お湯の中の酸素と熱対流によって発生する。95~98°のお湯が一番動きがある。

沸騰直後のお湯の中をみると、ぐらぐらと対流がみえる事がありませすよね。あれです。

この対流にもまれる事で、茶葉から旨味が溶け出すんですね。

沸騰したお湯に入れた方が茶葉は激しく動きますが、それだと苦みのあるタンニンが多く抽出されてしまいます。
紅茶の美味しい成分を出しつつ苦みを抑える、95~98°のお湯が丁度いい温度なんですね。

コーヒーは85~90°のお湯で抽出

coffee-924948_640

コーヒーを淹れる時の適温は、85~90°と言われています。

コーヒーは紅茶と違い、豆をグラインドして小さな粒(ドリップの場合は中細挽き,エスプレッソの場合は極細挽き)にします。そのためお湯をふれる面積が大きいため、抽出の際にえぐみが出やすくなります。

特に安価なコーヒーミルを使ったりすると、パウダー状の粉が大量に発生します。すると、えぐみがより出てしまうので、ミル選びは結構重要です。

こちらは私のおすすめ器具です。今のミルに不満を感じている方は、参考になると思います。
美味しいコーヒーを淹れるために揃えたいオススメ器具(入門編)

私の場合は、沸騰したお湯をポットに入れてから、約2分待ちます。室内であれば、代替そのくらいの時間で90°前後まで温度が下がります。

90°のお湯で淹れると、淹れ終わった後の温度は大体70~75°。飲むには少しだけ熱い温度です。これ以上温度が低いとすぐ冷めてしまうので、飲むことを考えても、90°位が丁度いいですよね。

自宅でコーヒーを淹れる方は、温度にもこだわってみてはいかがでしょうか。

ではでは〜

スポンサーリンク



最新記事

Twitter

PAGE TOP