コーヒーソムリエに憧れるならコーヒーと紅茶の資格を取ろう

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

東京に住んでいると、チェーン店以外のオシャレな喫茶店に遭遇することがよくあります。

場所は表参道か渋谷。自家焙煎したこだわりのスペシャルティコーヒーを提供し、店主は20代か30代。そんな店が多い気がします。

私は普通のサラリーマンをしているので、同世代で店を経営している人をみると心の底から尊敬します。才能と努力はもちろん、「決断力」の違いなんでしょうね。

今回は、そんなカフェを開くのに役立つ資格のご紹介です。

スポンサーリンク

紅茶がある喫茶店は意外に少ない

紅茶とコーヒーを飲める喫茶店やカフェということであれば、結構あります。大抵のチェーン店では紅茶もコーヒーも提供しています。

ただし、自家焙煎のコーヒーを提供しつつ、紅茶にも拘っているカフェはあまりみかけません。

まぁそうですよね。コーヒーが好きでカフェを開いたのに、本格的な紅茶を出す必要もないのでしょう。

コーヒーと紅茶の組み合わせ

コーヒー&紅茶の専門店は日本ではまだ馴染みがありませんが、今後はどんどん増えていくのではないかと思ってます。

日本人が欧米に影響されやすいというのも理由の一つですが、消費者目線でも何かと需要があると感じています。

コーヒー好きはコーヒーしか買いませんが、紅茶好きにしてしまえば、コーヒーも紅茶も買う様になるからです。

私の経験上、コーヒー好きが乗り換えることはありません。

客層も増え、売り上げも上がります。

「紅茶好きの知人と一緒に店を立ち上げる」

なんてプランも面白そうですよね。

知人が居ない人は自分で学ぶ

世の中には、コーヒーと紅茶を両方学べる便利な資格試験があります。

それが「コーヒー&紅茶 カフェマスター」です。

この資格は一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)が認定しており、カーサバリスタとティースペシャリストという資格を取ることができます。

カフェの開業知識も付くしかくなので、将来カフェを開きたい人や、今働いている人に人気のようです。

みなさんも、興味があれば一度覗いてみてくださいね。

コーヒー&紅茶 カフェマスターの詳しい情報は、下の記事でもご紹介しています。
▶通信講座で取得できるカフェの資格|コーヒー&紅茶カフェマスター

喫茶店の新しいスタイル。コーヒービーン&ティーリーフ

そんな、拘りのコーヒーと紅茶を提供するカフェが最近日本に上陸しました。
2015年の春に日本橋にオープンしたコーヒービーン&ティーリーフです。

既に日本には12店舗(南青山、紀尾井町など)を展開しています(2016年7月現在)。

この店はアメリカ最古のコーヒーチェーン店だそうで、ロサンゼルスに出店した1号店のオープンは1963年。なんと今年で54年目の老舗です。スペシャルティコーヒーを提供する一方、一級品の紅茶も購入することができます。

私の職場の近くにもあるのですが、コーヒーと紅茶を同じ店で買えるって、意外と便利なんです。

aboutImg_02
画像出典:http://www.coffeebean.co.jp/

皆さんもお近くに寄った際には、是非立ち寄ってみてくださいね。

ではでは〜

コーヒー&紅茶カフェマスターの資料請求はこちらから
スポンサーリンク

コメントを残す