色々あるコーヒーの資格!コーヒーアドバイザー(ソムリエ)

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

たまにコーヒー好きだから自称マイスターと名乗っていると勘違いされます。

いえいえ、コーヒーマイスターという名は、正式に存在する資格名です。

 

コーヒー関連の資格を紹介するシリーズ。今回はコーヒーソムリエについてご紹介します。

この資格、2014年あたりまではコーヒーアドバイザーという名称だったので、見慣れない方も多いかと思います。

知っている方も知らない方も、早速見ていきましょう。

コーヒーソムリエとは?

日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定するコーヒーの資格認定制度です。2016年からは名称を改めコーヒーソムリエ認定試験となりました。

JSFCAのホームページには、試験概要が以下のように記載されています。

試験概要:コーヒー豆、コーヒーの産地や種類、美味しい生豆の見分け方、焙煎についてなど、コーヒーを選び、楽しむための知識が問われます。

スポンサーリンク

受験資格は特になし、しかも在宅受験

コーヒーソムリエの資格を取るためには、インターネット経由で申し込む必要があります。試験は2ヶ月に一度実施されているので、受けたいと思った時に受けられるのがいいですね。

さらにこちらの試験は在宅受験なんです。あからさまなずるはいけませんが、会場での受験に比べて難易度が低い事は確かです。

 

必要費用は10,000円ジャスト

他の資格に比べると費用はお手頃です。

 

合格基準は70%以上

試験は筆記のみなので、準備さえしっかりすれば大丈夫!

 

カフェの開業や勉強が目的なら

コーヒーソムリエは費用から分かる通り、本当の意味での登竜門のような資格です。

将来的にカフェで働いたり経営したいという方は、より実用的な資格試験を受講してみるのも良いと思います。

コーヒースペシャリストという資格では、コーヒーの知識と併せてカフェ経営のノウハウも学ぶことができます。

まとめ

  • コーヒーソムリエはJSFCAが認定する資格試験制度
  • コーヒーの歴史、選定方法、抽出方法についての問題がでる
  • ホームページから申し込み、在宅受験
  • 合格基準は試験で70%以上の点数を取ること
  • 試験免除の専用講座がある

コーヒーを一から勉強してみたい方などは、力試しとして受験してみるのも良いかもしれませんよ。

ではでは〜

関連記事:コーヒースペシャリストとは?気になる資格の内容や合格率など

関連記事:コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

スポンサーリンク

▼関連トピック



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

脇汗対策|Amazonでも楽天でも購入できないデトランスαって何もの?

【ランチ20選】日本橋室町で6年働いている私が、オススメのお店を紹介!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった

コメントを残す