中国のコーヒー市場が熱い!すでにスターバックスは3,300店舗超

こんにちは、コーヒーマイスターのmongomeです。

米国スターバックスは、2022年までに中国での出店数を6000店舗まで増やすと発表しました。

 

現在は約3300店舗ということなので、4年弱でもう2700店舗、平均すると年600店舗近くの出店を予定しているということになります。

これはものすごい数です。ニュースを聞いた瞬間、

 

「マジかよっ!」

 

と声を出してしまったほどです。

 

日本でのコーヒーチェーンの店舗数は、1位が約1,300店舗でスターバックス、2位は約1,150店舗でドトール(2017年末時点)。

3位はコメダ珈琲の約750店舗ですから、日本ではこの2強体制がここ数年続いている状況です。

 

それでも、中国は3,300店舗。日本のトップ3チェーン店を合計しても足りないほど、中国のスターバックスは増えているんですね。

 

正直、日本の方がずっと進出していると思っていたので驚きでした。しかもあと4年弱で6,000店舗を目指すなんて。。

 

これはアメリカ企業ならではの拡大戦略ですね。

例えば日本のドトールなどは、数年前から星乃珈琲や神乃珈琲などのコンセプト重視のチェーン展開にシフトしているように見えます。

 

それと、日本人はカフェで仕事をするサラリーマンが多いので、オシャレすぎない喫茶店が好まれるのかもしれませんね。

 

しかもみんな黒スーツ。

スタバが黒スーツのおじさんだらけだったら居心地悪いですもんね。

特に夏はノーネクタイなので、本当に同じように見えます。。

 

それに比べると、ドトールはスーツ姿のサラリーマンやご年配の方が多い気がします。

オシャレよりもシンプルな空間を好む人も多いですからね。

 

「規模とボリュームで圧倒してくる中国に対して、質と文化で対抗する日本」

 

そんな国にシフトしていくのもいいですよね。

関連記事:「スターバックス」vs「ドトール」で違いを比較するのはもう古い!

スポンサーリンク

▼関連トピック



〓人気の記事ベスト3

コーヒーの資格を比較|コーヒーマイスターとスペシャリストの違い

コーヒーマイスター!試験対策や気になる費用は?色々あるコーヒーの資格

毎日の晩酌をやめたら一日が3時間長くなった話|グッバイアル中



◆サラリーマン必読記事3選

脇汗対策|Amazonでも楽天でも購入できないデトランスαって何もの?

【ランチ25選】日本橋室町で8年働いている私が、オススメのお店を紹介!

禁酒の効果|1ヶ月の禁酒で毎日が劇的に変わった

コメントを残す