世界のコーヒー|スペインバレンシアの焼きコーヒーの作り方

画像引用:http://madrid.lecool.com/inspirations/ruta-del-carajillo/

こんにちは、mongomeです。

先日、BSのNHKオンラインで放送されている人気番組「世界入りにくい居酒屋」のスペインバレンシア特集で、焼きコーヒーという飲み物が紹介されていました。

夜の11時過ぎにボーっと観ていたのですが、突然「焼きコーヒー」というフレーズが耳に入り、そこからは食い入るように魅入ってしまいました。

bal
引用:http://www.nhk.or.jp/nikui/#backnumber

ご存じの方はいらっしゃるでしょうか?私は初耳。

コーヒーマイスターの資格を持っている身としては、まだまだ知らないことがあるんだなと勉強になりました。

今回は、焼きコーヒーが少し気になったので、どのような飲み物なのかを調べてみました。

スポンサーリンク

焼きコーヒーとは?

焼きコーヒーとは、スペインで広く飲まれているエスプレッソの飲み方で、ラム酒やウイスキーを混ぜて飲むアルコール飲料のことです。

スペイン語ではcarajillo(カラヒージョと読む)と呼ばれています。番組では焼きコーヒーと呼ばれていましたが、カラヒージョと呼ぶ方が一般的のようです。

カラヒージョの歴史
19世紀末のキューバ独立戦争時代、スペイン人兵士たちが士気を高めるためにキューバーのコーヒーにブランディーを混ぜて飲んでいたものと言われています。それが本土スペインに引き上げてきたスペイン人達により継承され、現在に至ります。
引用:スペインの扉より

カラヒージョのレシピ

テレビで放送されていた店のレシピ
1. ラム酒に火をつける
2. ラム酒に佐藤、レモンを少量加える
3. そこにコーヒー豆を数粒加える
4. エスプレッソを加える

以上です。簡単ですよね。

お好みで、ラム酒をブランデーやウイスキーに変えたり、シナモンスティックを加えたりなど、アレンジも豊富です。

ちなみに、コーヒーとウイスキーを合わせたものはアイリッシュコーヒーと呼ばれます。こちらはアイルランド発祥のカクテルです。アイリッシュウイスキーを使うことが条件のようで、スコッチを使った場合はゲーリックコーヒーと名称が変わります。

carajillo
引用:JURA

ラム酒に火をつけると、淡い青の火が広がります、薄暗い雰囲気の良いバーで、カウンター越しに作ってもらいたいですね。

肝心の味は?

実は、まだ飲んだことがありません。番組内では、食後や飲みの後に飲まれていました。最後のシメのドリンクという位置づけなんでしょうか。

最後にコーヒーを飲んだら、カフェイン効果で眠れなくなるような気がしますが。。

日本ではあまり広まっていませんが、海外では普通に飲まれているカクテルみたいです。

スイーツとの相性も良さそう。

今度バーのメニューにあったら、絶対に飲んでみようと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す