バターコーヒー

グラスフェッドバターで美味しいモーニングバターコーヒーを

シリコンバレー式ダイエット方法として昨年から話題のバターコーヒーにようやく挑戦。話題沸騰の全米ベストセラー「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」の中で紹介されているダイエット方式で、筆者はなんと50Kgも痩せたそうです。

スポンサーリンク

グラスフェッドバターとMCTオイル

この完全無欠コーヒーダイエット方法で重要なのは、使う材料。市販のバターとインスタントコーヒーではダイエット効果は望み薄です。多少金額は張りますが、ものは試しと、王道の材料をそろえました。

バターコーヒーの効果や疑問点などは、別記事にまとめました。挑戦してみようという方はこちらもどうぞ。

▶グラスフェッドバターで美味しいモーニングバターコーヒーを|Q&A集

バイオ・グラスフェッドバター(無塩)

日本人がバターコーヒーダイエットをする場合、ほとんどの方がこちらのバターを使っているのではないでしょうか?日本では他のグラスフェッドバターがほとんど流通していないようです。もう少しお財布にやさしい値段のバターがあるといいんですけどね。
IMG_2267

 

毎朝飲むのに毎回切り分けるのは面倒。ということであらかじめ1回分ずつに分けました。3,000円近くも払って14日分です。。コストパフォーマンスを重視するなら他のダイエット方法も検討した方が良いかもしれませんね。
IMG_2247

仙台勝山館 MCTオイル

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%が特徴の食用油です。通常のサラダ油やラード(長鎖脂肪酸)に比べ、分解されやすいため脂肪として蓄積しづらいのが特徴です。仙台勝山館のMCTオイルは、原料がココナッツオイル100%。天然にこだわりたい方はこちらがお薦めです。
IMG_2212

IMG_2213

完全無欠コーヒーの作り方

初めに、いつものようにコーヒーを淹れます。今回使用したのは昨年日本に上陸したコーヒービーン&リーフのコロンビア。分量は豆18gで400ccほど。私はすっきりとしたコーヒーが好きなので、コーノ式のドリッパーを使用しています。

▶カリタ、メリタ、ハリオ、コーノ式。あなたはどのドリッパーを使っていますか?

IMG_2252

 

コーヒーを淹れ終えたらバター(15~20g)を投入です。結構量が多いように思えますが、問題ありません。
IMG_2256

 

熱々のコーヒーにバターを入れると、何もしなくてもほとんど溶けました。
IMG_2259

 

続いてMCTオイル(大さじ1杯)を投入。
IMG_2257

 

最後に、ブレンダーで撹拌したら完成です。
IMG_2262

味はというと、ブラックコーヒーに良質なミルクを加えた感じです。バターやMCTオイルの油感はほとんどありません。ほんとにバター入ってるの!?って感じです。日頃コーヒーフレッシュを使っている方は、区別できないかもしれませんね。

ただ、飲んでから30分後にお腹にきました。

商品レビューにも書かれていましたが、MCTオイルでお腹を下す人が多いみたいです。私もお腹を下しやすいので、小さじ1杯から始めるべきでした。。

完全無欠までの道のりはまだ遠そうです。

完全無欠コーヒーのおすすめアイテム

スポンサーリンク



最新記事

Twitter

PAGE TOP