禁酒

1ヶ月禁酒その後。効果があった目標設定とは?

3~4月にかけて軽い禁酒を実行し、自分でも驚く程ストレスなくクリアしたわけですが、その後は縛りを緩くして禁酒を続けていました。

■禁酒のルール
1. 家では飲まない
2. 断れる飲み会は断る
3. 断れない飲み会には参加してよい
4. 飲み会ではいつも通りに飲んでよい
実はこの後、1.だけを少し緩くしたのです。
1. 家では飲まない→家では週2日以上飲まない

 

スポンサーリンク

ルールを緩めた結果は..

この甘さが全ての始まりでした。それでも初めの2~3週間は週に一度程度しか飲まず、自制心が働いている事を実感できていました。それが一ヶ月もすると、仕事が忙しくなってきたのを良い事に、週に5日は家で缶ビールを飲む生活に戻ってしまいました。。
週の前半で2日飲んでしまうと、今週だけと3回目、4回目と飲む回数はどんどん増え、そのうち飲んだ日をカウントすることも忘れてしまいました。

この失敗を通して、私は自分に向いている禁酒方法と向いていない禁酒方法を体験することができました。
それは、自分に選択権を持たせるような制限事項を作らないこと。

家では飲まないという制限の場合だと、一度でも飲んだらルール違反です。しかし、家飲みの回数を設定してしまうと、誘惑に負けて制限を破り易くなってしまいます。「今週は3回飲んだけど、来週1回に抑えればいいか」といったような思考に陥りがちです。

ですので「同僚から誘われた場合は飲んでよい」「金曜日だけ飲んでよい」などと、自分では調整出来ないことを条件にすると、そこまでストレスにならずにルールを守れると思います。

 

結構美味しいノンアルコールビール。しかもトクホ。家の冷蔵庫をノンアルコールで埋め尽くせば、自然とお酒を飲む機会が減るんです!

スポンサーリンク



最新記事

Twitter

PAGE TOP